テーマ:妖怪

「司馬遼太郎全集22 妖怪」司馬遼太郎著

 時代を応仁の前に設定して、6代将軍足利義教が熊野詣に来た時に、現地の遊び女(元は熊野本宮の巫女らしいと設定)との間に出来たという出生の伝承を持つ源四郎を主人公にして、物語は展開する。  源四郎は、その出生の秘密から、京に出て将軍家に取り入ろうとする。京に向かう途中で腹大夫という山伏と出会う。山伏は京で印地(やくざ集団)の長にでもなろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more