テーマ:西軍大名

「関ヶ原前夜」光成準治 著

 副題に「西軍大名たちの戦い」とあるように、毛利家、宇喜多家、上杉家、島津家の当時の動きを、できるだけ一次資料に準拠して明らかにしようとしている。精読するのが大変な内容のある書物である。  西軍に属した大名の史料は、徳川時代になって編纂されたものだと、どうしても幕府への遠慮が入る。そして、それが通説になっていると著者は述べる。この通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more