テーマ:時代小説

「興津彌五右衛門の遺書」「阿部一族」「堺事件」 森鴎外 著

森鴎外の時代小説である。「興津彌五右衛門の遺書」は細川三斎の臣で、長崎で安南からの船が輸入した珍しい品を購入するように同僚と派遣された主人公が、一番良い香木を買おうとする。伊達家も、それを狙っていて、値が釣り上がる。同僚はそこまで高い値で買うようなものでなく、一ランク落ちたものでもいいのではと言うが、主人公は主命だからと譲らず、結局、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「柳生非情剣」 隆慶一郎 著

江戸時代初期の柳生一族を題材にとった時代小説である。戦いのシーンは荒唐無稽と感じるが、小説であり、目くじらを立てるものではない。 短編集で柳生一族のそれぞれを主人公にした短編集からなる。「慶安御前試合」は柳生連也、「柳枝の剣」は柳生友矩、「ぼうふらの剣」は柳生宗冬、「柳生の鬼」は柳生十兵衛、「跛行の剣」は柳生新次郎、「逆風の太刀」は柳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白石城死守」 山本周五郎 著

時代小説の短編集である。「与茂七の帰藩」「笠折半九郎」「白石城死守」「豪傑ばやり」「矢押の樋」「菊屋敷」が納められているが、登場人物の武士らしい心情があらわされ、いずれも心に染みてくる小説で、大したものだと思う。 「与茂七の帰藩」は、彦根藩で剛勇・乱暴な武士として藩の道場で”野牛”と称されていた斎東与茂七だが、江戸に参勤交代の供で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「べんけい飛脚」 山本一力 著

加賀藩の御用飛脚問屋の浅田屋の当主を主人公にしているのだが、少し込み入った筋立てにしており、読み難いところもある。 加賀藩前田家と幕府との軋轢を、前の時代における加賀藩主前田綱紀と徳川吉宗の暖かい交友関係を幕府にも思い出していただくことで、丸く納めようという意図で、吉宗と前田綱紀の信頼関係があったからこそ、問題が生じなかった参勤交代時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「朝の霧」 山本一力 著

山本一力の時代小説で、土佐の戦国時代に長宗我部元親に嫉まれて滅んだという設定の波川玄蕃一族の物語である。波川玄蕃という人物が実在したのかもわからないが、英雄長宗我部元親が、自分の妹を嫁がせた優れた武将である。 長宗我部元親が、この人物の能力に嫉妬していく経緯も唐突であり、良い小説ではないと思う。玄蕃の妻=元親の妹も大変に好ましい人物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幕末妖人伝」 山田風太郎 著

これには「からすがね検校」、「ヤマトフの逃亡」、「おれは不知火」、「首の座」、「東京南町奉行」、「新撰組の道化師」、「伝馬町から今晩は」の7編がおさめられている。 私は「からすがね検校」がこの中では一番面白かった。勝海舟とか男谷精一郎などの祖父にあたる検校の物語だが、怪しく、ドロドロしていて、意外性があって面白い。 「ヤマトフの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大川わたり」 山本一力 著

面白い時代小説で、一気に読ませるところがある。小説の内容紹介は、これから読む人の為に、あまり詳しく書かない方がいいと思う。この作者の小説は、江戸時代後期の江戸の下町を舞台にしたものが多いが、この話も同様である。下町を流れる大川(今の隅田川)の東岸で暮らしていたが、博打の借金のトラブルで、その借財20両を返済するまで、東岸には足を一歩も踏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤絵の桜 損料屋喜八郎始末控え 」 山本一力 著

山本一力の短編集である。損両屋とは、今で言うところのレンタル業のようなものである。鍋、釜などを何日間貸し出す商売とのことだ。江戸時代にも、このような商売があったのをこの本で知る。 この商売を営みながら、町の情報を集め、ある札差などの為になるように動くという喜八郎という人物が主人公である。 この本は、損料屋喜八郎シリーズの続編のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「早刷り岩次郎」 山本一力 著

これは面白い本だった。現代の新聞に該当する早刷り瓦版を発刊した釜田屋岩次郎という人物が、この新規事業を軌道に乗せるまでの一時期を、密度濃く書いている。書かれている期間は2ヶ月くらいのことだ。それでも小説自体は文庫で470頁だから長編に入るのではなかろうか。面白いから一気に読ませる。 早刷りは、毎日発行して1枚10文、1日2000枚を刷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「研ぎ師太吉」 山本一力 著

人情味溢れる本である。物語はミステリー仕立てである。それが最後になって、八丁堀同心による拷問で自白するような結末で、いささか興ざめする。 物語は刀剣研ぎ師の元で修業し、現在は包丁などの町中の刃物の研ぎをおこなっている太吉という男が主人公である。なかなかいい男で、気性も良く、町の者から慕われている独り者である。いつも食事に行く一膳飯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎」 山本兼一 著

おもしろく無い本である。黄金鍛えと称する刀剣の鍛刀法を身につけたという剣相家が悪役で、それに騙された旗本を助けて、元旗本の息子ながら今は勘当されて刀屋になった男(これがちょうじ屋光三郎)と、鍛冶平(実在する刀鍛冶だが、ここではフィクションの鍛冶)が3人組となって追跡劇を展開する。追跡する場所が、刀剣の五か伝(山城、大和、相州、備前、美濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「賊将」 池波正太郎 著

これは池波正太郎の傑作短編集である。さすがに池波正太郎という感じで面白かった。「応仁の乱」は短編というよりは中編であるが、応仁の乱という複雑で、退屈でありながら、後の世に大きな影響を与えた事件を、将軍足利義政の気持ち、その周囲の人物の性格、行動から描いている。最後の方で、焼かれてしまった京都の中で、庭師の善阿弥とともに西芳寺(苔寺)の庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おれは清麿」 山本兼一 著

幕末の名刀匠:源清麿を主人公にした時代小説である。時代小説の主人公にしては史料、作品資料などが多すぎるから、作者も苦労されたのではなかろうか。読む方も同様だ。作品や経歴を知っているから、素直に物語の世界に入っていけないところがあり、いつもの時代小説のようには楽しめない。なお、この小説では、近年、研究が進んできた清麿と長州藩、特に村田清風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more