テーマ:身分制

「身分差社会の真実」 斎藤洋一+大石慎三郎 著

この本は「新書・江戸時代②」とも副題としてあるから、一連のものとして読んだ方がいいのかもしれないが、取りあえず、この本だけを読む。 プロローグに大石氏が江戸時代の差別社会の実態を概括的に述べ、以下の章は被差別部落のことを中心に述べている。 江戸時代は士農工商と言われるが、武士と町人(商人、農民)の区別はあるが、四民の区別は特に無かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more