テーマ:日本美術史

「一目置かれる知的教養日本美術鑑賞」秋元雄史 著

 軽薄なタイトルは編集部が売る為に付けたのだろうが、ポイントを押さえた日本美術の入門書で良い本である。ただし、校正が十分に出来ていないと感じるところもある。  まずはじめに西洋美術と比較しての日本美術の特徴をあげている。西洋美術が革命の美術(既存の芸術を壊して新しい芸術価値を生み出す)に対して、日本美術は継承の美術で、伝統が重んじられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本美術史ハンドブック」 辻惟雄・泉武夫編

日本美術史を概観した本である。はじめに時代の特色を書き、その後に各時代の名作を簡単に解説している。写真は小さいから、それを楽しむという本ではない。美術に関するコラムがところどころに挿入されていて、中には面白いものもある。 はじめは縄文土器、弥生土器などである。次は飛鳥・奈良美術である。当然のように仏教関連の作品が多い。あとは正倉院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more