テーマ:ピアノ

ティモシー・リダウト、ベンジャミン・フリス デュオ・リサイタル

ティモシー・リダウトとは1995年生まれという若手のヴィオラ奏者である。ベンジャミン・フリスはピアノ演奏家で名高い。昨日、トリフォニーホールの小ホールで演奏会があり、妻と出向く。 音楽に造詣の深い人は、誰々の演奏として、前売り券を購入して出向くのだろうが、私は心地よい音の世界に浸りたいだけだから、直前になっての割引き券の案内で出向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野上真梨子 ピアノ リサイタル

市川市の八幡地区で街の回遊展が開催される。同地区の色々な場所で様々な催し物が行われる。美術展では、地域の人が愛蔵している美術品の展示もあり、その会場に野々村仁清の一文字というお茶碗が出品されていた。常に観る仁清の色絵が華やかなものではなく、薄い黄色というか肌色に近い地の真ん中より下の何とも言えない位置に、茶碗をグルッと巻いた灰色っぽい一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャネル・ピグマリオンコンサート 田原綾子(ヴィオラ)、原島唯(ピアノ)

刀剣の畏友H氏が、久々に抽選に当たったとして、同行させていただく。ヴィオラという楽器はオーケストラではバイオリンとチェロの間に位置して、その特有の音色も私のような人間には識別できないが、今回はソロであり、ヴィオラの音色というものを実感できた。 バイオリンよりも、低音で力強い音色である。弓の長さもバイオリンよりも大きく、その大きな弓を十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャネルピグマリオンコンサート 富井ちえり、今井正

知人の紹介で出向く。シャネルが若手音楽家を育成する為のコンサートである。今回はヴァイオリンの富井ちえりさんである。ピアノの伴奏を今井正さんが行う。 今回の演奏の中ではブラームスの「F.A.E.ソナタ 第3楽章 スケルツォ ハ短調」とバルトークの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 Sz.76」という曲が面白かった。 ブラーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャネル・ピグマリオンコンサート城戸かれん(バイオリン)、武川慧悟(ピアノ)

知人のお誘いで、標記のコンサートに出向く。シャネルが若手音楽家を支援しているコンサートである。城戸かれん氏はまだ20歳代前半のヴァイオリニストであるが、各地の音楽コンクールで上位に評価されている人である。 今回はサン=サーンスの「ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ短調 作品75」とセザール・フランクの「ピアノとヴァイオリンのためのソナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more