東京国立博物館の平常展(総合文化展)

昨日は国立博物館の平常展に出向く。平常展とは言わず総合文化展と呼んでいる。ここも特別展と同様に、入館予約が必要である。
刀剣の畏友H氏に用があり、待ち合わせて同道して、刀剣を中心に回る。1階のジャンル別展示での刀剣では三日月宗近が展示されていて、ここだけは列を作って拝観するようにレイアウトされていた。もっとも今日は刀剣女子が4人程度並んでいただけである。三日月宗近は三日月形に限らず「うちのけ」が刃全体に絡んでいる刃である。
隣りに岩切長束藤四郎は、展示の向きが悪く、刃は見えない。地はH氏が「吉光はこのように肌立つものが多い」とつぶやかれる。
岡田切吉房は健全で地刃の出来が優れた一文字派の作品である。華やかな刃文だ。
直刃の長船景光や長船真長が展観されていた。こういう展覧だと、どうしても刃文程度しかわからないから直刃の御刀は損だが、直刃も気持ちの良いものである。
古備前正恒は健全であるが、中程に刃が弱く凹んでいる箇所があり、古備前などにまま見られる手癖とH氏は述べられる。ウインドウ越では古備前と同様に見えるが古青江康次もある。額銘の粟田口久国の太刀、二字国俊、畠田守家の太刀が展観されている。守家は蛙子丁字が目立たないで、長船物のような刃である。
石田正宗は国広のような刃だが、地鉄は肌立つところはない。切刃貞宗は切刃造りで、彫りが貞宗らしいと感じる。刃の働きはガラス越では見えない。
長船長義は兼光と同様の大切っ先で体配も同様である。刃はそれほど明るくはないと感じる。
新刀では初代国包だけで、新々刀では大慶直胤だけである。直胤は彫りが緻密な義胤彫りの相州伝である。
展示のケースは全体に黒い背景にしていて見やすくなっている。
刀装具では法安の車透かしが印象に残っている。

2階の「武士の装い」のコーナーにも刀剣がある。拵を見せているようで、刀は見にくい。石田貞宗が展示されていた。長光の薙刀、雲生の太刀が展示されているが、特に雲生は刃文がよく見えない展示である。

浮世絵は秋に因んだものが展示されている。紅葉をオレンジ色で刷ったものは、褪色して黒ずんでしまい、本来の色が損なわれている。
屏風絵では雲谷等顔の水墨画が印象に残っている。
今回の展示では、陶磁器のコーナーの仁清の作品が印象に残っている。軽みがあり、品があり、ちょっとした造形の工夫が面白いと感じた。

国立博物館の前の上野公園の木に、サルが2匹いた。カメラを上に向けている人がいたから、その方向を見るとサルがいて、1匹は下りていた。ニュースにもなっていないが、動物園を脱走したのか。

平常展の方は展示替えを頻繁に行うようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント