「渡来人とは何者だったか」武光誠 著

古代史では渡来人という言葉が出てくる。これは歴史学の用語で「飛鳥時代以前に、朝鮮半島から日本へ移住してきた人々」のことである。だから鑑真のように奈良時代に唐から来た人には使わない。

渡来人で有力だったのが、飛鳥地方南部を本拠とした東漢(やまとのあや)氏で、蘇我氏の全盛時代に軍事面で助けて活躍する。
もう一つの集団は京都の太秦を本拠とした秦(はた)氏である。それぞれ始祖は漢の劉邦、秦の始皇帝としているが、嘘である。始祖がいい加減なのは日本の豪族でも同様である。
東漢氏は兵力と技術力で蘇我氏に重用される。仏教興隆策の担い手であった。蘇我入鹿が暗殺され東漢氏は政権から遠ざけられるが、壬申の乱の時に大海人皇子側について戦い、復権する。文氏、民氏、坂上氏などが中央で活躍するが、地方にも出向き、武士になった家も出たと考えられる。

秦氏は蘇我氏の元で大蔵の管理などに携わる。機織りの技術をもっていた。そして山城、近江に勢力を広げる。農地開発でも力を発揮し、秦河勝は聖徳太子の参謀にもなる。山背大兄皇子に近づき、中大兄皇子に接近する。壬申の乱後に中央政界から離れ、桓武天皇の長岡京建設時に協力する。

その他は船氏、西文氏、鞍作氏などが渡来系氏族であった。朝廷の実務を担当する下級役人の地位を世襲していた。明治期に西洋諸知識が必要になった時代と同様である。船氏は高句麗からの国書を読んだことで知られている。津氏、白猪氏も蘇我氏の元での実務官僚。鞍作氏は鞍作りの技術を持ち、仏像も造る。

3世紀の邪馬台国の時代は往来はわずかだが、大和朝廷が北九州を支配下に組み込んだ4、5世紀は朝鮮半島南端の加邪(かや)とは比較的自由に行き来ができ、言葉も共通していた。
6世紀に新羅と百済が国を意識する。600年に新羅が加邪(8国)を併合。678年に新羅が朝鮮半島を統一。

7世紀末に百済が亡び、この時に数千人ほどが日本に移住。百済の官位で上から2番目の「達卒(だちそつ)」の者も約70人ほどいた。兵法、医術、儒学、陰陽五行に詳しい者や漢詩などに堪能な者は知識人として優遇される。秦氏の影響が強い近江国神前郡に400人、蒲生郡に700人ばかりが移住。また東国にも2000余人が移住。
高句麗が668年に滅ぶが、その時に2000人ほどが移住し、常陸や東国(武蔵の高麗郡が中心)に移住する。

大化の改新(645)の後に、唐の制度にならって近代化したが、この頃、漢字も日本古来の豪族も学び、渡来人優位は崩れてくる。その例として、大宝律令制定(701)の編集人19人の内、純粋な渡来系出身者は6人だけ(広く考えると8人)となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント