長谷川利行の画集3点

御縁があって長谷川利行のデッサンを入手した。所蔵していた絵画4点を下取りに出す。強く清らかな少年像だが、「東京の落書き 1930’s 長谷川利行と小熊秀雄の時代」展の画集に所載で、そこでは「少女」とされている。妻とも話すが、少女と見えなくもない。そういうことがあり、改めて長谷川利行の画集を3冊紐解く。

長谷川利行の作品には具体的な人物(例えば岸田国士、前田夕暮、矢野文夫、寺田政明、靉光など)を描いた絵もあり、それらは魅力的だが、無名の少年や少女を描いた絵も多くある。私に御縁のあった絵もその中の一枚だが、私が好きな一枚で、凛としたところ、清らかなところ、純なところなどを感じる。

昭和51年2月に日本橋三越で開催された「長谷川利行展」の出品シールも添付されている。この展覧会の副題に「長谷川利行 河野コレクション」とある。河野コレクションとは河野保雄氏のコレクションのことだと思う。氏は福島市の実業家で、音楽評論家でもあり、日本を代表する洋画コレクターの一人とのことだ。いち早く青木繁、岸田劉生、関根正二、長谷川利行などの画家を評価したようだ。ちなみに私はこれら作家は好きであり、関根正二の「三星」の絵(国立近代美術館蔵)は大好きな1枚である。ともかく河野保雄氏が所有されていたものだろうか。

また羽黒洞の木村東介氏の鑑定シールも添付してある。木村東介も独特の画商である。肉筆浮世絵の扱いでも名高い。

長谷川利行の絵は、人物画以外には、当時の東京のモダンな建造物を描いたものや、それら建造物の内部を描いたものなどもある。関東大震災後の復興に心が惹かれたのかもしれない。彼は詩人、歌人であり、関東大震災を歌った歌誌「火岸」も出している。

「生誕100年記念 長谷川利行展 図録」、「長谷川利行画集」が今回観た画集だが、後者の立派な本では長谷川利行を高く評価する画家、画商などが座談会で語り合っている。長谷川は「日本のゴッホ」と言われているが、ゴッホよりいいと述べている人もいる。ファンだから、このような言い方になるのだろう。

これら画集の解説の中で、長谷川利行は西洋画で言えばフォービズム(野獣派)だが、表現主義的な画家でもあるとして、日本の文人画の系列なのではあるまいかと述べている一節があり、この評が私の気持ちにも合致する。蕪村、浦上玉堂、鉄斎などの系列なのだろうか。蕪村の京都の夜の雪景色を描いた絵など大好きだが、これら画家の作品は、このように私の感性に合うものと、あまりピンとこないものがある。長谷川利行の作品も、この作品のように自分の感情が揺さぶられるものもある反面、あまり感動しないものもある。こういうのが文人画の特色なのであろうか。

長谷川は金が無い生活をし、絵を買ってくれと押しつけるようなところもあり、そういう状況だから風体も汚く、敬遠する人も多かったようだ。また絵もキチンとしたデッサン力の裏付けのあるものではないが、心打つものがある画家である。

「長谷川利行画集」に掲載の絵では、利行の色が美しい画家と感じる。「生誕100年記念 長谷川利行展 図録」に掲載の絵をみると、色は濁った暗い感じのものが目に付く。早描きの作家なのだが、さらに省筆した絵も掲載されている。「東京の落書き 1930’s 長谷川利行と小熊秀雄の時代」展の画集では、人物画の良いものが収められている。

以下にリンクした画集は私が読んだ画集とは違うが何種類も出されており、その一つとして掲載しておく。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント