「マリアノ・フォルチュニ 織りなるデザイン展」 於三菱一号館美術館

知人からチケットをいただき、標記展覧会に妻と出向く。自分自身ではチケットを購入して出向かないような展覧会も「えっ、こんな作家がいたの?」と言う新鮮な驚きが生じることがあり、好きである。 標記展覧会は絵画というより、女性の服飾デザインがメインであり、美術としての”驚き”は無かった。 マリアノ・フォルチュニとは20世紀はじめに活躍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more