「名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか」小谷野敦 著

この本は、歴史学者の本ではなく、名前と言うものに興味を持った作家の随筆である。昨今、話題になっている夫婦別姓、ウェブの発達によるウェブ上の匿名問題などにも触れている。
次の章に分かれている。著者が名前に興味を持ち、色々と考察した結果をまとめている。
「武家官位について」「氏と姓」「諱と訓み」「外国人の名前」「一苗字、一名の近代日本」「匿名とは何か」である。

「武家官位について」では武家官位は時代によって取り扱われ方が違い、、室町時代で金銭で官位が与えられていたことを成功(じょうごう)と呼ぶ。また戦国時代は羽柴筑前守のように信長が私的に与えた。
徳川時代は幕府が朝廷から、朝廷からの官位とは別に武士に官位を与える権利を得た。同時代に同じ官位は無く、調整が必要になり、大名はやはり自分の任国の官位、例えば島津氏は大隅守や薩摩守、山内氏は土佐守などを希望した。
歌舞伎や近世の小説では昔の朝廷の官職名の「造酒(みき)」など善玉で色男に使われ、逆に「弾正」、「玄蕃」は悪玉に使われるというのも面白い。
また「丸」には人糞の意味があり、糞に災厄を退ける力があると思われ、人名につけるようになる。

「氏と姓」は氏は古代における一族の名称で、その代表が氏上(うじのかみ)で後の氏長者となる。源氏、平氏は天皇が臣籍になった者につける。足利、徳川などは苗字であり、公文書は源家康とかになる。女性の名前はわからない。ドラマで、例えば淀君とするが、淀君は蔑称で、淀殿が正しいとか、いや違うなどの論争もある。

「諱と訓み」では人名の本当の読み方はわかりにくく、新井白石の名は君美だが、「きみよし」と言う学者もいるし、「きんみ」と呼ぶ学者もいる。中宮定子も「ちゅうぐうていし」と読んでいるが「さだこ」の可能性もある。もっとも昔は人の名を呼ぶようなことは無かった。だから諱(いみな)と呼ばれていた。
上位者から一字を拝領するのを偏諱(へんき)で、代々に家で使われるのが「通字」である。だから偏諱で上下関係がわかる。
ここで著者は最近の相撲取りの名前が部屋伝統の通字(春日野部屋の栃、佐渡ヶ嶽部屋の琴など)を使わないこともあり、わかりにくくなっていると述べている。

「外国人の名前」では国によって様々であるのは当然として、色々と紹介しており「なるほど」と思う。ロシア人のミーシャはミハイルの愛称であり、「ミハイルちゃん」と愛称に更にちゃんをつけるのはおかしいと論じている。また外国では構造物に人名をつけることが多い(ジョン・F・ケネディ空港、レニングラードなど)という文化の違いにも言及する。

「一苗字、一名の近代日本」は明治の戸籍制度で定められたのだが、ここで諱系の名前と通称系の名前が混在するようになる。また昔は雅号も普通だった。西郷隆盛(南州)などだ。ここで夫婦別姓制度について問題提起をしている。

「匿名とは何か」で匿名での批評に怒った人物との論争を紹介しているが、匿名が許されるのは政治批判であり、文学者、芸術家への匿名批判が是か非かが問題となっていた。
最近はウェブの発達で一般人による匿名発信が可能となると、匿名の倫理は崩壊していると書く。当人の病気や家族のことなど、プライバシーがかかわる場合は匿名が許されるが、他は実名が原則だろうと述べている。そこに昨今は個人情報保護法がからむ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック