観楽読楽−観て楽しみ、読んで楽しむー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「柳生非情剣」 隆慶一郎 著

<<   作成日時 : 2018/11/25 13:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代初期の柳生一族を題材にとった時代小説である。戦いのシーンは荒唐無稽と感じるが、小説であり、目くじらを立てるものではない。
短編集で柳生一族のそれぞれを主人公にした短編集からなる。「慶安御前試合」は柳生連也、「柳枝の剣」は柳生友矩、「ぼうふらの剣」は柳生宗冬、「柳生の鬼」は柳生十兵衛、「跛行の剣」は柳生新次郎、「逆風の太刀」は柳生五郎右衛門を主人公にしている。

全体の基調は次ぎの通りである。柳生家は剣聖石舟斎の後に江戸柳生と尾張柳生に別れる。尾張で流派の道統を継いだのが柳生連也、これに対して江戸柳生は柳生但馬守宗矩の時に一万石の大名になる。大名の取締を任務とする大目付として功績をあげた。その子の時に、十兵衛などに分知されて、宗家の柳生宗冬は当初は8千石にとどまる。その知行を守り、それを1万石にして、大名として復活するために、一族が暗闘するという大枠のスト−リーで各短編は展開されている。

面白く読める小説である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「柳生非情剣」 隆慶一郎 著 観楽読楽−観て楽しみ、読んで楽しむー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる