「この世界の片隅に」

この映画は見たいと思っており、妻と出向く。我々の親の世代は、これに似た経験を多くの人がしているのではなかろうか。そのような誰にでもあったような体験を映画にして、戦争の悲惨さを浮き彫りにしている。このような日常的な視点からの物語に深い意味を付与した原作者、それに加えて原作を見事に映画化した監督や関係者に敬意を払いたい。また妻とも話したが、日本のアニメは凄いと思う。

幼い主人公がお使いに出かけ、何か不思議な化け物のような人物によって背負っている駕籠に放り込まれて、道に迷うわずに済む。その時にその駕籠に先に入っていた少年が後年に主人公の夫となる。この化け物のような人物はラストの主人公2人の場面でもチラッと出てくる。この人物は何だろう。妻には「運命」を暗示しているのだろうかと述べたが、よくわからない。

主人公と、その周りの人物に、通常ならば耐えがたいような不幸が次々と襲いかかる。主人公は淡々と日常生活を送る。自分も大けがをした時に、耐えがたい不幸が続く日常を「こんな程度で済んで良かったね」との反応によって過ごしていた異常な日常の不条理に主人公が気が付くところなどが印象的である。

映画とか、ミステリーなどは、あまりストーリーを詳しく語るのはいけないだろうから、書かないが、昭和初年の瀬戸内海に面した広島・呉地方での物語である。静かな日常が、懐かしくも美しい風景の中で流れていく内に異常な時代になっていく。こういうのが現実だと思う。そのような世界の片隅に、このような人生がいくつもあるわけだ。そういう静かな片隅での人生だから、実に細かい日常の描写が描かれている。この映画が優れているところの一例だ。


主人公が絵が好きで、それが上手という設定で、折りに触れてその場面、その絵が出てくるのも、アニメの画面とマッチしていて美しく、うまい物語と思う。

我々の親の世代は戦争中のことはあまり語らない。あえて聞こうとしなかった我々が悪いのかもしれないが、友人に聞いてもそうである。本当に嫌なこと、つらいことなどは言わないのだろう。数少ない私の親から聞いた話と、この映画が違うところは、終戦時の天皇陛下の玉音放送である。「何を言われているのか、ほとんどわからなかった」と私の親から聞いたが、映画では鮮明である。リアルな感じの映画だけに、こんなことを最後に書いておきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まあちゃん
2017年01月28日 16:33
同じくアニメで「思ひ出ぽろぽろ」という作品があります。ストーリーとしては何でもない過去と、それから離れたいと、小さな旅に出る女性の話。主人公が表情ゆたかに捉えられていて、画面に引き込まれながら、実は観る者との差がテーマとはなっていない、それ以上は踏み込まない、距離。
ただ、日常の中にあるだろう旅の、便利な常識して使われているローカルな仙山線の景色が美しい。この差はなんでしょう?
勢陽学芸
2017年01月29日 09:30
ご無沙汰をしております。
この映画を観て「キュレーション・アニメ」という表現がふと浮かびました。
「キュレーション」とは博物館や美術館の展覧会の制作プロセスを意味する言葉であり、
その理想形がアニメーションで表現されている作品と思っています。
こうの史代氏の原作という明確な基本デザインがあり
ここにローカルなデザインとして、日本人が知る軍港呉・広島の原爆・敗戦・戦後という70年前から今も続く事実。
さらに同時に人の生活には衣・食・住が必要であり、
それが満ち足りないときは工夫し、時には大なり小なり争いとなり、
それが今も世界中の片隅に現在進行形で続いている現実という、
当たり前すぎて意識することがない普遍的な「日常」というグランドデザイン。
片渕須直氏が原作を深く理解・共感した上で全てのデザインをアニメーションとして表現トポロジカルに変容し
かつ正確な情報をピースとして高密度に埋め込まれたことで、
日本的な美意識の本質を強く感じることができたからこそ、
無意識のうちに多くの感動が生まれたのだと思います。

この記事へのトラックバック