「春琴抄」 谷崎潤一郎 著

これは高校時代の菊地先生の読書会としての記憶はなく、他の同期からも聞かないが、『刺青』が読書会のイメージと本文が違うから、こちらの印象はどうかと思って読んだものである。

盲目の三味線師匠の春琴に献身的に仕える佐助(後に本人も三味線の師匠となる)の物語である。春琴は大阪の老舗の娘。美貌であったが、9才の時に眼疾となって視力を失う。三味線には天賦の才があり、稽古を続けるが、その稽古に出向く時のお付きの者として佐助が任命される。
佐助は実に献身的に世話をする。その内、佐助も音曲を独習するようになる。それがバレたが、店の主人も、また春琴も、佐助がそれほどまでに好きならばと、佐助の三味線稽古(それは春琴についてだが)を認めるようになる。

春琴の稽古は厳しい。また春琴の日常の世話に対する佐助への要求も実に厳しいが、佐助はそれに耐えていく。ある時、春琴が妊娠する。佐助も春琴も知らぬとするが、生まれた子は佐助に似ていて、2人の子とわかる。子はよそにもらわれていく。小説では、こういう事態になっても春琴と佐助の色事のことは一切でない。常に春琴が厳しい師匠であり、佐助は使用人であり、その弟子との関係という記述が続く。男女の関係と思わすようなところは無い。

春琴の生家も親が亡くなり、兄が継ぐと、厳しくなって春琴への援助もできなくなってくる。春琴は師匠として町の者も弟子にしている。その美貌に惹かれて入門する者もいるが、稽古は厳しく、また春琴の性格もきつく、お弟子は増えない。

その内、春琴に惹かれた弟子の一人が、厳しくされたのを恨んでか、犯人はわからないのだが、春琴は顔に熱湯を浴びせられる。悲嘆する春琴に対して、佐助は自分の眼をつぶして、自ら盲目となる。
その後、以前との関係はさらに濃密になっていく。この間に、ウグイスやヒバリを飼って鳴き声を楽しむ趣味を春琴が持っていた情景が書かれている。昔はこんな趣味があったのだ。
春琴が先に亡くなり、後に佐吉は春琴の墓の傍らに自分の小さな墓標を立てる。

この小説も春琴という女性側からによるサディズムみたいなところと、それに応える佐吉の純愛というような物語である。私自身は感動もしないが、谷崎の特色はわかる気がする。
また小説、文学としては、句読点も無い文章だが、読みやすく、見事な日本語だと思う。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック