「唐画もんー武禅にろう苑、若冲も-」 「田中一村と東山魁夷」 於千葉市美術館

千葉市美術館で開催中の標記展覧会を観に行く。江戸時代中期の大坂の絵師である墨江武禅(1734~1807)と林ろう(門構えに良の字)苑、生没年不詳で1770~1780頃活躍)を中心に、その周辺の画家の展覧会である。彼らは当時流行していた中国絵画に関心を寄せていたので「唐画もん(からえもん)」。このように世間で知られていない画家を取り上げる千葉市美術館の姿勢は偉いと思う。

墨江武禅は刀装具の彫りもやっており、この展覧会にも片切彫の小柄が出品されていた。私も昔、ある刀屋さんで拝見したことがある。この時も四分一の片切彫であったと記憶している。出品作は照明が暗く、明確には識別できなかったか、彫りの線が少し太い感じであり、刀装具の一流工の作品とはいえない。武禅の本業は船頭とのことで余技に絵画をはじめ、さらに、その余技が刀装具だからいいのだ。

絵の方では、中国風の山水画、人物画はあまりおもしろくはないが、女性人物の頬を少しピンクにしたり、画中に明かりの所在として、ほんのりと赤を水墨の中に入れたりしているのが面白い。色彩も緑と青を使った南画風の、もう少し時代が下がる幕末・明治という感じの絵もある。また、まったく西洋画風のもある。中国絵画の写し、西洋絵画の写し、もちろん日本の狩野派の勉強などで、自分の作風を十分に確立しないで終わったから、これまで世に知られなかったのだろうか。

林ろう;苑の方が画家としての才能は上かなとも感じる。水墨画で早描きした大鷲図、雁図などは面白い。後ろを向いた鹿図も独特である。訴えてくるものがある。
このあたりのクラスの画家になると、水墨画における筆や墨の使い方(たっぷり浸けて描いたり、逆にかすれさせたり)もうまいものだと感心する。

周辺の画家の作品は、武禅の師の月岡雪鼎や、福原五岳、浜田杏堂、木村蒹葭堂などである。また伊藤若冲、曽我蕭白、森狙仙、与謝蕪村、池大雅などである。円山応挙も陳列されていた。木村蒹葭堂を中心とする文化サロンは当時有名であり、豊かな上方文化が興っていたことが理解できる。

同時に千葉県になじみのある田中一村と東山魁夷の作品展もあった。二人は東京美術学校日本画科に大正15年に同期として入学。この代は他に加藤栄三や橋本明治らがいて「花の六年組」と言われていたようだ。もっとも田中一村は長い間知られておらず、作品も奄美大島に渡ってからが真価を発揮したわけであり、世間から忘れられていたわけだが。

一村の代表作の一枚「アダンの海辺」が展示されているが凄いものだ。千葉の千葉寺時代の作品は、普通の日本画だが、奄美大島で作風も変わり、大きく開花する。

東山魁夷の昭和16年の「早春の麦畑」「雪の谷間」などは柔らかい色で、構図も面白く斬新である。東山魁夷や加藤栄三は、市川の豪家中村勝五郎家にお世話になったようである。中村家は木下街道と千葉街道がぶつかる場所に今でも大きな家がある。加藤栄三の絵もいい絵だと思う。鮎を描いた小品など、まさに鮎だ。

今日は、この美術館で「上方落語で大坂気分」として鈴々舎八ゑ馬の落語上演があった。はじめは固いところもあったが、後半の左甚五郎の話は熱演で面白かった。間の取り方を工夫されて、大成されんことを。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック