「名前と権力の中世史 室町将軍の朝廷戦略」 水野智之 著

私にとっては興味深い本であった。前近代は身分社会であり、人びとは自分の地位、立場がいずれにあり、上下関係が周りとどうなのかを常に意識していた。そういう中で、尊貴者、権力者の名前の敬避がある。中国では周の時代以降、日本でも奈良時代には天皇・皇后の名前を避ける規定が確かめられている。すなわち自身および自らの子の名前に同じ文字を用いないこと、成人でも天皇の実名が新たに定まると、その実名と同字のつく者は改名した。のちには有力な貴族との同名、同音もはばかるようになる。

実名は個人名。それは諱(忌み名)で、安易に人に教えない。実名は神秘的で霊的なものを含む。他人に知られると自らの生命や運命を握られると認識。実際に呪詛する場合は実名が必要だった。そこで仮名(けみょう)として太郎、次郎などを使う。

姓は源平藤橘で朝廷から授けられるもの。改姓の認可は天皇が持つ。名字(江戸時代から苗字)は公家の場合は居住地を名乗る。近衛、九条のように道路名や町名に殿という敬称をつけた。一族の菩提寺の西園寺、徳大寺もなる。嫡子単独相続による家の成立と連動して家名すなわち名字として定着する。
武士は居所にかかわらず本領を名字として名乗る。自ら開発領主として開墾した地域であり、その地の所有者であることを誇示。他に官職に由来する名字、安房の藤原、伊勢守の藤原、木工助の工藤などがある。

名前には「系字」(けいじ)と「通字」(とおりじ)がある。系字とは9世紀から10世紀にかけてなされ、兄弟が実名のうちの一字を共有して、共通の父親をもつことを示す。通字とは11世紀半ばにおこったもので、一族の名前の一字が継承されたものである。例えば、鎌倉幕府執権が「時」、足利幕府将軍が「義」である。

偏諱(へんき)とは実名のうち、通字でない方の文字を用いることを避け、その避けた方の一字を指す。次第に偏諱を避けるということよりも、偏諱を授けるということが広まる。通常、元服の時に行われる。烏帽子親、あるいはしかるべき人物が自らの一字の偏諱を授けるようになる。12世紀末の武家社会で確認され、次第に広まる。鎌倉時代の烏帽子親は一門、縁者という親族から選ばれる。親子に准じる関係にあった。南北朝、室町時代になると、親族の原理は後退して、主従制的原理が前面に現れ、烏帽子親と烏帽子子は主君と家臣の関係に一元化されていく。

もう一つ「猶子」(ゆうし)と言う擬制的な親子関係があった。これは武士や貴族など様々な階層や社会集団で確認される。親は猶子に対して権力を行使することができた。反対に猶子になると、その親の家の一員に準じるとして、その家の格式、礼遇などがおよそ適用される。

室町時代の将軍は摂関家の子弟や僧衆にも偏諱を授けるようになる。足利義満は家格を上げ、公家社会にも勢力を強め、多くの公家衆や門跡衆に偏諱を与えた。実子、猶子を門跡寺院へ入室させている。義持は摂関家に対して偏諱・猶子関係を十分に展開しえなかったが、義教によって大きな影響が及ぼされ、義政が完全に達成した。その後は足利家の家格が低下して、あまり行われなくなる。
信長も、偏諱、猶子の関係を利用していた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック