「斎藤一 新選組最強の剣客」 相川司 著

新選組オタクでもあった相川氏が新選組の隊士を個別に取り上げた本であり、「土方歳三 新選組を組織した男」(http://mirakudokuraku.at.webry.info/201303/article_1.html)に続いての上梓となる。新選組史料として残っているものは多いが、新選組は明治期にあっては賊であり、明治になってから元隊士が自分に都合の悪い点を改竄したものも多いと相川氏は指摘するが、この通りだと思う。

斎藤一については新選組の中でも剣の達人で、隊の中で粛清が必要になった時に、相手が剣の達人だと斎藤一が始末するというイメージであった。しかし、著者は、槍の谷三十郎、兵学の武田観柳斎を斬殺したのは斎藤ではないと実証する。
斎藤は、伊東甲子太郎らが新選組から分かれて御陵衛士を作った時に一緒に脱退する。そして、伊東を新選組が暗殺した後に、斎藤が新選組に戻るのだが、著者は当初は御陵衛士は新選組の別働隊(新選組では集められない勤皇派の情報収集目的)として近藤も了解して分離。その時に目付的な役割として斎藤が移籍。その後、伊東甲子太郎が陸援対情報収集の中で近藤を裏切る行動をした時に連絡したのではと推察する。これは「土方歳三」の本でも記されているが、説得力がある。

斎藤一は、遠祖は近江佐々木氏、後に播州明石侯に仕えた足軽。父が家督を妹婿に譲り、江戸に出て幕臣鈴木家に仕え若党、足軽として仕えたのではと推測する。
後に姓名を変えており、山口一→斎藤一→山口二郎→藤田五郎となっている。(会津藩士には明治後に姓名を変えている者が多い)

相川氏は当時の新選組の中における序列を常に意識して、著書をまとめているが、これは当時の人の感覚を知る上で大事だと思う。御陵衛士分離の時の斎藤一の序列は伊東甲子太郎に次ぐナンバー2であり、このことも御陵衛士は新選組別働隊としての役割で、そこにおける両派の橋渡しというか、目付的位置づけに斎藤がいることを物語るとしており、首肯される。
身分制社会の中での”身上がり願望”は大半の人が持っていたものだと思う。その中で、近藤の試衛館の身内重視と、斎藤や永倉新八らの食客冷遇の状況を示して、後の隊分裂の遠因を求めている(負け戦になった時の分裂は生存本能によるものだと思うが)。

新選組は、京洛で剣で存在感を見せる中で、会津藩からの信頼を得ていた。会津は京都守護職なのだ。京の治安を守るのは大事だ。ただし、会津藩は、新選組を使ったことで長州藩、土佐藩など勤皇の志士を輩出した藩から嫌われ、蛤御門の変では薩摩藩に引っ張られて長州藩から嫌われ、一方、幕府からも京都寄りとして嫌われ、京都守護職を続けたが為に財政は逼迫し、兵の近代化が遅れることになる。後に「会津に家老無し」と言われる悲劇を生む一因となるのだが。
新選組も会津藩は大事にしていたわけだが、この会津藩とのつながりを最後まで貫き通したのが斎藤一というわけだ。

鳥羽伏見の戦いで、剣の時代は終わる。新選組は、その後、幕軍の一つとして江戸に戻り、甲陽鎮撫隊として甲府での戦いに出向き負ける。その後は分裂して、斎藤は会津藩で共に戦う。土方と別れても、会津新選組として戦い、負ける。

この後も、会津藩士として謹慎生活を送り、明治になってからは会津藩士の娘高木時尾(照姫の右筆)と結婚し、会津人脈の中で、西南戦争時の警視庁奉職しての戦い、その後の人生と送っていく。

新選組は会津藩に世話になったわけであり、最後まで会津藩の為に戦った斎藤一は、それなりに筋は通っていて好ましい。

以下は、刀剣愛好家としての読後感だ。
将軍の大坂下向時に「長刀を帯びた」壬生浪士組は記録されている。史料として壬生の八木家の借家住人の研師・源龍斎俊永の池田屋事件に出動した34人の刀の手控リストが紹介されているが、近藤、斎藤の刀がともに2尺3寸台と定寸で長くはない。相川氏も、この史料に使われている言葉がおかしいとされているが、おそらく偽史料だろう。

近藤の池田屋事件の時の虎徹(無銘)は有名だが、近藤所持になった経緯についてはいくつか説がある。目利きでもある斎藤が四谷あるいは京都で見つけ、近藤に譲ったという説も紹介されている。江戸時代の刀を無銘にする理由もない。きっと江戸新刀の兼重か江戸法城寺、江戸千手院の作だったのだろう。斎藤の刀剣目利きは事実だったようで、明治になって会津藩の高嶺秀夫の家でも刀剣、美術品の蔵に斎藤だけは自由に出入りができ、「刀剣の鑑定がうまかったせいか、よく目利きや、手入れなどを頼まれたそうです」との談話も紹介されている。





この記事へのコメント

清宮 純
2014年08月03日 07:31
おはようございます。毎日日課として拝読させていただいております。いっもながらの洞察力、感服いたしております。ありがとうございます。

この記事へのトラックバック