「検証・山内一豊伝説」 渡部淳 著

山内一豊は、本人よりも妻が有名だが、実際はどうなのかということを史料を使って書いている。筆者は山内家宝物資料館の学芸員から館長を務めている。
興味深いのは、関ヶ原後に掛川5万9千石から、土佐24万石になったということについて、当時の土佐は9万8千石と幕府から認識されていたということだ。こうであれば、関ヶ原後の論功行賞で一豊と同僚の堀尾忠氏が浜松17万石から松江24万石、中村一忠が駿府14万5千石から米子17万5千石になったのと大して変わらない増加率となる。これはなるほどと思う。

ではどうして、それが24万石になったのかという点だが、家康が征夷大将軍になった慶長9年に幕府が諸大名から領地高帳簿と絵地図を徴収した時に、一豊は領地を改めて21万2636石と申請したそうだ。
領地高は、軍役や普請役の時に基礎となるから、できるだけ低い方がいいのだが、一方で家格の上下に関係するので高くを望む。大名は、その加減で申請するのだが、一豊は、推測だがとして、阿波蜂須賀氏を抜いて四国一の家格を望んだからと推測している。その根拠として、蜂須賀氏が淡路も一緒になって25万7千石となった時に、2代山内忠義は25万8500石を申請しているそうだ(これは却下された)。

妻の名前も不明。名馬購入時に夫への資金提供、それから現代で言うところのパッチワークの名手で小袖を作って評判になったというのも真実かどうかは不明のようだ。関ヶ原の時に、石田方の密書を開けずに一豊に届け、それを家康に提出というのは史料があるようだ。

考えてみれば、日本の歴史で、奥さんの活躍、事績が現れるのはこの時代だ。秀吉のねねさん、前田利家のまつさんも同じだ。創業時には夫婦一体で頑張るのは、今も同じということだ。

なお山内一豊は信長と敵対した織田伊勢守家の家老として、岩倉城の支城の黒田城を預かっていた盛豊が父である。遠祖は藤原秀郷7代孫の資清が首藤氏となり、平安末期に藤原俊通が鎌倉山内庄に土着して山内となる。丹波に関係するようだ。

人柄は背は中くらいで太り気味。目が少し赤い。性格は穏和、家臣には気を遣う。威張ることなく寛容。言葉数は少ないが、戦場では一変して大音声で、酒はあまり飲まないという感じであった。気を遣う性質から大名間の調整などにも才能を発揮したようだ。

岩倉城落城後12年間の消息は不明。元は家老の家柄であり、それなりの家来等もいたことになる。秀吉の家臣となり、越前朝倉攻めの時に、敵の将・三段崎勘右衛門と戦い、矢を顔面に受けながら倒したのが功名のはじめ。秀吉の備前野間の戦いでは敵の槍を握って戦い、ねじり取って倒したりしている。

後に豊臣秀次の与力大名として堀尾吉晴、中村一氏、田中吉政などとともに東海道筋の大名となる。(この以前に長浜で大名となる)

この本には山内家の家来筋の有力な家についても、その由緒を簡単に書いてある。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック