テーマ:蜜蜂と遠雷

「蜜蜂と遠雷」恩田陸 著

 意欲的で面白い小説だ。芳ケ江国際ピアノコンクールに参加する天才的な3人の若者(カザマ・ジン、栄伝亜夜、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)を主人公に、そこに少し歳を取った28歳の男性音楽家(高島明石)を脇の主人公にして、天才達が競うピアノコンクールの世界を描いている。  小説家の作者は、天才達の音楽を語りながら、そこに「そもそも音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more