テーマ:江戸三作

「図鑑 江戸三作の研究 ー正秀・直胤・清麿-」 藤代義雄 著

古書であるが、名著として今でも評価が高い。当然、古本の価格も高い。この本は”研究”とあるが、特に銘字の研究書である。水心子正秀と大慶直胤、源清麿の銘字を若年の頃から晩年まで年代別に鮮明な押形を掲げている。その下に作風や銘字に対するコメントを記している。 中には、その時期の銘を狙った偽物の銘を下部に提示しており、偽銘の切り手として鍛冶平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more