テーマ:牢人

「牢人たちの戦国時代」 渡邊大門 著

歴史学者の本であり、『大坂落城 戦国終焉の舞台』(http://mirakudokuraku.at.webry.info/201302/article_12.html)を以前に読んだことがあるが、内容はそれとも関連している。 敗戦によって主君を亡くした武士が牢人であり、それは源平争乱期からある。ただし、敗者の、しかも無名の武士の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more