テーマ:佐渡

佐渡旅行⑤「尖閣湾揚島遊園」

尖閣湾とは、佐渡の北端大野亀からロシア側の海岸線を相川の方に南下していく途中にある景勝地である。解説にはノルウェイのハルダンゲル湾の景観にも劣らない素晴らしいところとして、昭和7年に脇水鉄五郎氏が名付けたとあるが、ノルウェイの地も知らないし、脇水氏も一般には知名度は低く、これだけの説明では何のことやらわからない。今では尖閣列島の名の方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡旅行④「宿根木の集落」

宿根木とは佐渡島の南端の小木の近くの集落である。江戸期には回船業の集落として、船大工も多くいて栄えたようだ。 近くに千石船の実物大の模型が展示してある小木民俗博物館があるが、今回は出向いていない。 千葉の鴨川もそうであるが、漁師町であり、狭い敷地に、家が密集し、海から集落が上に広がっているが、そこに至る通路は実に狭い。世捨小路な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡旅行③「大野亀のトビシマカンゾウの群落」

この季節の佐渡旅行の目玉は、佐渡の北端にある大野亀という海岸に突き出た大きな岩がある景勝地に、トビシマカンゾウという百合のようなニッコウキスゲのような花(花茎の長さは長いもので1メートルほどになり、先端に7つほど花芽ができて咲く)が群生して咲くのを観ることである。山形県の飛島ではじめて発見されたので、その名が付けられている。 出向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡旅行②「金の価値」

佐渡金山では宗太夫坑を見学する。佐渡金山は慶長6年(1601)に開山された。その前から佐渡の西三川で砂金が取れており、上杉家はそれを軍資金の一部としていたそうだ。砂金とは山金が入った岩石が川に流れ、非常に長い年月で金だけが残ったものであり、上流には金山があることが多い。相川の金山は、西三川とは場所が違うが、地質的には同じなのであろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡旅行①「ニッポニア・ニッポン」

佐渡に、はじめて妻と出向く。本日は、トキの森公園というトキの繁殖施設+資料の展示がある場所と、そこにある「トキふれあいプラザ」(トキの子育てがゲージの中で行われているのを遠くから見ることのできる施設)に出向く。 この施設は絶滅したトキを再び日本の空に復活させる為の施設である。大きな檻の中でトキが飼われているが、トキを驚かせない為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more