テーマ:刀鍛冶

「刀匠が教える 日本刀の魅力」 河内国平 真鍋晶生著

まったく日本刀を知らない人への入門書である。同時に河内刀匠の作品写真集である。刀の写真はカラーであるが中心(なかご)が主体のような写真で、刀身は昔の刀剣書にあるような写真であり、姿がわかるが、刃文・地鉄などはわからない。 刀の取扱方法(拝見の方法、手入れの方法など)が写真で出ており、わかりやすいやすいだろう。あとは刀造りの工程にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀鍛冶の生活」 福永酔剣 著

これは古書だが、該博な知識を御持ちだった福永酔剣氏が次のような章で書かれていて、興味深い。「刀鍛冶の職人史」「刀鍛冶の法規」「刀鍛冶の経済」「刀鍛冶の称号」「刀鍛冶と宗教」「刀鍛冶の恋愛と結婚」「刀鍛冶の貴族」「刀作りの日日」の8章立てである。 「刀鍛冶の職人史」では、冒頭に駿府の鍛冶頭は家康と親しかった兼法だったことが書かれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more