テーマ:菱田春草

国立近代美術館 通常展

昨日、妻と出向く。先週まで鏑木清方の「幻の《築地明石町》特別公開」で非常な混雑だったようだ。この日は「MOMATガイドスタッフ」によるギャラリー解説に参加する。この解説は、スタッフからの一方的な説明ではなく、そこに参加した人からも意見を聴取するようなもので、こういうのも面白いと感じる。 ただ、私もそうだが、美術に詳しい人から、そうでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「菱田春草展」 於国立近代美術館

菱田春草は、日本画に洋風画の要素を取り入れ、研究した画家である。これは私が展覧会を観て言うまでもなく、広く知られていることである。私は、今度の展覧会を観て、それを追認して「なるほど」と感心しただけである。 まず、日本画の命の線を消すような工夫をした。簡単に言うと面で描いていくような感じである。それは朦朧体とも評されている。次に、面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more