テーマ:楯の会

「君たちには分からない 「楯の会」で見た三島由紀夫」 村上健夫 著

その一日の鮮明な記憶が残る日を「あの日あの時」と呼べば、今の日本人にとっては東日本大震災の日であろうが、それまでは三島事件を上げる人も多いと思う。私もそうだった。(アメリカ人にはケネディ暗殺事件をあげる人が多いと聞いたことがある) この本は「楯の会」に所属していた著者が、還暦過ぎに当時のことを思い起こして書いた本であり、特に「楯の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more