テーマ:徳川将軍家

「刀剣と格付け」深井雅海 著

副題が「徳川将軍家と名工たち」であり、江戸幕府の将軍を中心に刀剣がどのように贈答(献上、下賜)されてきたかを書いている。 著者は江戸時代を研究対象とする歴史学者であるが、刀剣には詳しくはない。ゼミの学生が江戸時代の刀剣贈答に関する論文を書き、それを生かすような意味で取りまとめた書物である。 著者は江戸城の内部の部屋のことなどに詳しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more