テーマ:刀剣

刀剣研磨・外装技術発表会 於刀剣博物館 & 東京都庁展望台

「お父さんの兼光が刀剣博物館の研ぎのコンクールの出品作で出ているから行くか?」と息子と妻を誘う。息子には関心を持ってもらわないといけない。妻は「博物館で見る方が家で見るよりも、良く見えるの?」「家で観た方がもちろん良く見えるよ。でも刀剣博物館は行ったことが無いでしょ」と言うことで誘って出向く。 刀剣博物館の説明もする。「古い建物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三井家伝世の至宝」展 於三井記念美術館

三井家には刀剣の名品もあるが、これまではほとんど展示されてこなかった。それが今回は日向正宗、徳善院貞宗、加藤国広などの名品が展示されるという。 日向正宗は、美しい地景だ。輝きのある細い地景が地に繁く入り、それが刃中においては見事な金筋となって楽しませてくれる。刃は小沸出来で穏やかだが、刃文の調子は、大きな乱れ刃が間歇的に物打ちあたりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀狩りー武器を封印した民衆ー」 藤木久志 著

この本は、以前にも読み、このブログにもアップしている。今回は調べものもあり、再読した。日本には3回の刀狩りがあったとし、第1回めは秀吉による刀狩り、2回目は明治維新後の廃刀令、そして3回目が戦後の進駐軍による刀狩りだ。 刀狩りで武士以外は刀を持てなくなったと思われているが、そうではなく庶民は帯刀に制限が加えられただけで、所持については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大隅俊平美術館、高山彦九郎記念館、金山城跡ガイダンス施設

今日は群馬県に在住の知人からの「太田の大隅俊平さんの美術館に行ったことはありますか?無いようならご案内します」との申し出に甘えて、群馬県太田市に出向く。 ここは利根川と渡良瀬川に挟まれた地域で、足利市に隣接し、新田荘として知られ、新田義貞の出身地である。足利尊氏と同じような地域から出ているわけで、肥沃な地域だったことがわかる。古代でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「備前刀剣王国 第一期」展 於刀剣博物館

第一期として平安・鎌倉時代の備前刀の展示である。具体的には古備前物から長船景光までの展示である。以下の感想は、例によって私の独断的感想、しかもガラス越しの鑑賞であるが仕方無い。私の好みのものの感想中心である。 この中で一振選べばとなると、重文の正恒が出色である。豪刀で、反りも高く、先が伏せることもない輪反りに近いものだ。一般的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「栗原信秀の研究」 日本美術刀剣保存協会新潟支部

新々刀の刀工:栗原信秀に関する研究書で、昭和51年の発刊である。信秀の地元の新潟県の愛好団体がまとめたものである。 佐藤寒山氏、辻本直男氏という中央の権威のほかに、渡辺淳一郎氏、遠藤孫蔵氏、阿部昭忠氏という地元の愛好家、研究者が分担執筆している。 栗原信秀は人気刀匠:源清麿の弟子だが、清麿とは二歳しか違わず、入門時期は、彼の京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立博物館とホテル日航東京の「テラスオンザベイ」

国立博物館の「鳥獣戯画-京都高山寺の至宝」展のチケットをいただいたので妻と出向く。10時くらいに着くが、会場の平成館への入場が50分待ち、加えて鳥獣戯画を観るためにはさらに80分待つとのことである。絵巻の展示はいつも長蛇の列となる。昼にお台場のホテルで昼食の予約を取っているから、待つのはあきらめて本館を廻る。鳥獣戯画はサントリー美術館で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成27年新作名刀展 於刀剣博物館

刀剣博物館で開催されている今年の新作刀展に出向く。もう一つの団体が開催している新作刀展は長野県坂城であり無理だ。いい加減、一緒に開催すればと思う。以下は刃文中心の感想で、しかもメモも取らずに観てまわっただけだから、私の印象に残ったものについてのコメントである。(以下の刀匠、金工の敬称略) 無監査の河内國平は、陽の体配、陽の刃文の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀と首取り」 鈴木眞哉 著

この本は、日本刀の現存するものは他の武器に比べて圧倒的に多い。その理由として、著者は、日本刀は実戦における戦闘に使われたというより、別の目的ーたとえば首取りーに使われたのではないかと考え、当時の戦闘方法、戦闘の実態を調べている本である。一理あると思う。 刀は、日本人の成人男性であれば、誰でも所持していた武器というか日用品でもあるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「博物館でお花見を」 於国立博物館

上野の駅に着いて、公園口に向かおうとしたら、改札口を規制しており、まず逆方向に誘導されてから改札方面に並ばさせられる。もの凄い人だ。国立博物館は、そこまでは混んではいないが、11時半少し前に入ったので、ホテルオークラがやっているレストランで先に食事をしようと出向くと、ここもすでに空席待ちの人々。20分ほど待って食事する。 それから、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀鍛冶の生活」 福永酔剣 著

これは古書だが、該博な知識を御持ちだった福永酔剣氏が次のような章で書かれていて、興味深い。「刀鍛冶の職人史」「刀鍛冶の法規」「刀鍛冶の経済」「刀鍛冶の称号」「刀鍛冶と宗教」「刀鍛冶の恋愛と結婚」「刀鍛冶の貴族」「刀作りの日日」の8章立てである。 「刀鍛冶の職人史」では、冒頭に駿府の鍛冶頭は家康と親しかった兼法だったことが書かれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みちのくの仏像」展(於国立博物館)と黒田記念館

黒田記念館とは、黒田清輝の遺贈によって建設された美術館である。岡田信一郎の設計で昭和3年に建設されたもので、耐震工事が終わって、この1月にリニューアルオープンされた。黒田清輝の油彩、デッサン、その他資料を今は展示している。この人は人物画がいいと改めて感じる。人物のデッサンにも魅力的なものがある。国立博物館の左側にあり、入館は無料である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「館蔵名刀展 同時開催 幕末金工の美」 於刀剣博物館

刀剣博物館の館蔵の御刀だから、何度か拝見しているものも多い。今回、驚いたのは金象嵌銘の助真の太刀だ。福岡一文字のような丁字刃が見事で、刃も明るく、良い御刀だ。匂の中で、どこまで沸づいているかは確認ができないが、刃は守家、福岡一文字のようだ。姿は豪壮である。驚いたのは、そこの彫りだ。確かに相州風の彫りで3つほどが重ねて彫ってある。なるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新版 日本刀講座 第5巻 新々刀鑑定編」 雄山閣

今、新々刀のことを色々と調べている。先日、あるところで大慶直胤の押形をたくさん集めた資料を拝見した。そこにおける偽銘の多さ、偽銘の巧みさに改めて認識を新たにした。 この本は、昔の本であるが、ここにも章を設けて「偽銘の見方」としてまとめられている。執筆者は池田末松氏だと思うが、藤代義雄氏譲りの研究の成果の一部だと思う。直胤の偽銘のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国宝の刀ー伝えられた武士の心」 於永青文庫

今日、畏友のH氏と永青文庫に出向く。最上階に新しい展示室も出来、また刀剣の為の照明もLEDだと思うが、良くなって観やすい。もちろん展示においては、地鉄の地沸、地景などは手に取って拝見しないと無理だし、刃の細かい沸の粒の状況、働きも無理だ。また鋩子も観にくいです。 生駒光忠と古今伝授の豊後行平は新たに研ぎ直した結果が拝見できた。国宝など…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「おれは清麿」 山本兼一 著

幕末の名刀匠:源清麿を主人公にした時代小説である。時代小説の主人公にしては史料、作品資料などが多すぎるから、作者も苦労されたのではなかろうか。読む方も同様だ。作品や経歴を知っているから、素直に物語の世界に入っていけないところがあり、いつもの時代小説のようには楽しめない。なお、この小説では、近年、研究が進んできた清麿と長州藩、特に村田清風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「斎藤一 新選組最強の剣客」 相川司 著

新選組オタクでもあった相川氏が新選組の隊士を個別に取り上げた本であり、「土方歳三 新選組を組織した男」(http://mirakudokuraku.at.webry.info/201303/article_1.html)に続いての上梓となる。新選組史料として残っているものは多いが、新選組は明治期にあっては賊であり、明治になってから元隊士…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「刃物の見方」 岩崎航介 著

昔に出版された本の復刻本である。この本の中身について質問されたので、私も読んでみた。岩崎氏は新潟三条の金物問屋の息子として生まれ、戦前に東大の文学部國史科を卒業し、刀剣の古書を読み解く力を習得し、その後、東大の工学部冶金科を卒業して、今度は科学的に日本刀を解明する知識を得た人である。 岩崎氏のいくつかの講演やエッセイなどがまとめら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤松政則」 小山金波 著

刀剣関係の古書である。赤松政則は応仁の乱のあとに、備前、播磨、美作の3国の守護となり、刀剣にも強い関心を示し、長船宗光を師として、自身で作刀もしている。著者は、当時の『蔭涼軒日録』などの比較的信頼度の高い古文書を引用して、赤松政則の事績を探っている。 赤松政則の作品として、知られているのは14口で、現存しているのは8口とのことだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「物語 京都の歴史」 脇田修 脇田晴子 著

ご夫婦で、それぞれが歴史学者の脇田夫妻の共著である。歯切れが良い文章なのだが、網羅されていることが、京都の数多い寺社ごとの歴史から多くの産業のことまでと幅広く、加えて、それが千年の歴史だから、頭に入りにくい。ただ私の趣味の刀剣類のことも産業の一つとして記されており、そこは興味深い。 はじめに時代ごとの地形図、地図が出ているが、東側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「軍師 官兵衛」展 於江戸東京博物館

NHKの大河ドラマにあわせた展覧会である。ある所から招待券をいただき、妻と出向く。黒田家の旗指物などが現物で出ており、その大きさを実感できる。戦場では、このくらいでないと目立たないのであろう。できれば旗指物らしく立てて翻しての展示を望みたい。尾張の徳川美術館にも、こういう旗指物が展示してあったと記憶している。 鎧兜は藩祖のオリジナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀装具の起源」 笹野大行著 

知人が古そうな透かし鐔を購入された。その時代に関して知人と語り合っている中で、笹野大行氏のこの本について読んで、勉強をした。ちなみに笹野氏は後に記された『透鐔』の中でも時代設定をしている まず、平家物語など数冊の古典から、太刀とは別に打刀、腰刀、刀と書かれている部分を抜き出す。そして源平合戦の時に、腰刀、打刀という言葉が現れている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回特別重要刀剣等新指定展(於刀剣博物館)

刀装具は5点しか指定されていない。それも本等で所載の有名な作品が大半であった。作者は乗真、乗意、宗珉、如竹、夏雄であり、どれも代表作だが、その中でどれを持ってみたいかと問われれば乗意かなと言うものだ。刀は知らないものが、まだまだ多いが、刀装小道具は、名品が少ないのだと思う。 刀の方は40振が新指定として展示されていた。則重の短刀は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「清麿展」 於根津美術館 スライドレクチャー 藤代興里氏

清麿展に出向くが、清麿の刀が観たいわけではなく、ここで藤代興里氏がスライドレクチャーをするということで、それを聴きに行く。しかし、せっかく展覧会を観たわけであり、清麿についての感想も記しておきたい。私は清麿の魅力として、姿の良さに言及しないのは片手落ちと思う。刀では大切っ先を備えた豪刀を美しく造り、脇差では菖蒲造りが実に魅力的である。巷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「武具の日本史」 近藤好和 著

この本は甲冑、武具、馬具などのことを調べるのに良い本である。武具は刀剣類から鉄砲、大砲まで網羅している。まず、日本の武具の特徴として①中世、近世の武具は美術的価値が高く、鑑賞品としての側面がある。刀剣、甲冑はとりわけ美術的価値が高い。ヨーロッパの武具は金工技術が主体なのに対し、日本のは金工技術のほかに、漆工技術、染織技術、皮革技術などと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリーブランド美術館展」と「人間国宝展」 於東京国立博物館

クリーブランド美術館展では、伊年印(俵屋宗達の工房)の「雷神図屏風」が出迎えてくれるが、いかにも俵屋宗達風という感じの屏風であるが、雷神の顔を見詰めていても、あまり感動はしない。面白かったのは室町時代に書かれた「霊昭女図」という墨絵で、室町期なのに浮世絵みたいな感じの女性が描かれている。また室町時代の「福富草紙絵巻」は、庶民の活力あふれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本刀オークション

昨夜はシンワアートオークションのオークションに参加した。ある事情で会場でパドルを挙げて、実際に参加することになった。 そのことは後述するが、台風の雨が小降りになった午後に、刀剣の畏友H氏のお誘いでシャネルピグマリオンコンサートに出向く。この日は福田悠一郎氏のヴァイオリンでプーランクという作曲家のヴァイオリン・ソナタ作品119と、セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンワアートオークション「日本刀」10.26下見会

昨日の下見会初日は比較的多くの人出があったようだが、今日は来場者は少なかった。ショーケースの中に陳列されているが、申し出ると手に取って拝見できる。葵美術さんがお手伝いされており、関与されているようだ。 水神切り兼光は、平造りで、2尺以上と寸が延び、反りも強い。重ねが非常に薄く、変わった造り込みである。地鉄は地景がばりばり、ウネウネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「鉄の華」展 於刀剣博物館

刀剣博物館で11月10日までの会期で、「鉄の華」と銘打って、国宝、重要文化財の刀剣を展示している。日本美術刀剣保存協会が、10月末に東京で全国大会を開催するが、この時に、国宝、重要文化財は展示施設等に制約があるから、刀剣博物館に於いて陳列するとも聞いている。 国宝が3振、重要文化財が7振の計10振が刀剣の展示で、他は鉄鐔が中心の展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刀剣押形の技法」 犬塚徳太郎 著

今、刃文の押形を採ろうとしている。そこで、標記の古書をはじめて読んだ。私は犬塚氏の刃文の押形は、地と刃の境がくっきりし過ぎている感じがして、それほど好きではないのだが、押形の取り方などを記している本はないので参考にした。 基本として、準備、特に道具の準備があることが書かれており、なるほどと納得する。なんでも道具は大事なのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more