「超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~」 於静嘉堂文庫

標記の展覧会が開催されているとのことで、刀剣の畏友H氏と出向く。「超・日本刀入門」ということで、どのような展示をしているのかと興味を持った為である。同時に静嘉堂所蔵の名品が展示されているからである。

静嘉堂が所蔵している名品とは、国宝の手掻包永、重要文化財の新藤五国光の太刀、奥州の宝寿、伯耆安綱、古備前行光、嘉禎友成、長船真長、古備前高綱(瀧川高綱)、日置安吉が展寛されている。それに刀ではないが平治物語絵巻の信西巻も展示されている。

刀、特に太刀は刃を下に展示されている名品は、照明が悪く、刃文は大きく腰をかがめてみないと拝見できない。また地鉄は距離も遠く、わからないものが大半だった。これだけだと超・日本刀入門はおかしいとなるが、今回は現物の展示の下に、等身大の押形が展示されていて、そこに、当該刀剣の見所を説明してあるのが目新しい(全ての作品にではない)。そこに、この部分に砂流しがあるとか、映りがあるなどの説明があり、親切である。

また、「図説・刀剣鑑賞の手引き」というパンフレットを配布している。刀の種別、刀の時代区分、刀の各部名称、刃文の種類、地肌の種類、造り込みの種類、沸(にえ)と匂(におい)の区別などを図も交えて説明している。

刀・太刀では、そのような照明なので、詳しくは拝見していないのだが、宝寿の太刀などは常に観る同作とは違って刃はうるんでおらず、垢抜けている。
長船真長は小太刀だが、帽子(鋒の刃)は三作帽子、物打ち部分(先端に近い方)の刃は寂しく、中程から元の方の刃は互の目、丁字でいかにも長光一派らしい作品で健全なものだった。
日置安吉も、この刀工らしい、寸の伸びた平造りの脇差だった。

指定品ではないが、長光の太刀、粟田口久国、龍門延吉、一文字吉房、之定の短刀なども展観されていて、長光、吉房は魅力的である。「吉」が付く一文字は華やかな刀が多い。

重要美術品の源清麿は刃も観やすく、名品であることがわかりやすい。
相州行光は南北朝体配であった。相州伝大好きなH氏に正宗の先輩である行光に南北朝体配が存在していいの?と疑問を投げかける。
堀川国広は二字銘で片切刃の刀であり、しっかりした彫りがあった。
虎徹は匂口が少しふっくらとしているタイプの明るい刃の作品であった。
兼若(高平)の箱刃の刀が之定と一緒に陳列してあるのは美濃伝を意識したのであろうが違和感を持つ。

瀧川高綱も名刀だ。桃山拵(朱鞘)も魅力的である。滝川一益が織田信長から拝領したもののようだ。
直江山城守兼続のもので死後に奥様から献じられた後家兼光(無銘)は南北朝体配で、上半が延文兼光ののたれ刃で元の方が少し前の時代の直丁字に肩落ち互の目刃もある兼光らしいものだ。

奈良利寿の亀乗り寿老図鐔、土屋安親の飛瀑猛虎図鐔は、同じような黒い地鉄だったのが印象に残っている。

岩崎弥太郎が持っていた津田助廣(偽銘と思う)があったが、質素な拵も付いており、当時の下級武士の持ち物らしいものであった。岩崎家にとっては大事な刀であり、こういう展示も良いと思う。

2階の入口前の休憩スペースは眼下の木を切り、眺望がきくようになって、今日は富士山もきれいだった。白梅、紅梅が咲いていて、帰りに庭園にも寄る。
平日の午前中であり、刀剣女子も少なく、見学者はそれほど多くはなかった。

帰りにH氏に最近の刀剣界の様子を聴いて、参考になった。

"「超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~」 於静嘉堂文庫" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント