「司馬遼太郎全集22 妖怪」司馬遼太郎著

 時代を応仁の前に設定して、6代将軍足利義教が熊野詣に来た時に、現地の遊び女(元は熊野本宮の巫女らしいと設定)との間に出来たという出生の伝承を持つ源四郎を主人公にして、物語は展開する。
 源四郎は、その出生の秘密から、京に出て将軍家に取り入ろうとする。京に向かう途中で腹大夫という山伏と出会う。山伏は京で印地(やくざ集団)の長にでもなろうと考えており、2人は同行することになる。
 世が乱れ、下克上の風潮も生まれている時代である。足利幕府8代将軍義政が治めている時代なのだが、その政治は名前に「ま」が付き、世間からは「三魔」と称されている側近の有馬持家と烏丸資任と、義政に幼少期から一緒にいて、側室であるお今の3人が影響力を及ぼしていた。
 そしてお今は、義政の妻日野富子と軋轢を抱えていた。軋轢とは将軍の世継ぎの問題であり、富子に子ができない時期に、迎えた養子と、その後に富子に生まれた実子との間の問題である。
 日野富子は公家の日野家の出だが、お金に対する執着が強く、悪妻と評されている女性であり、司馬遼太郎はお今と日野富子の争いに主人公の源四郎を絡ませて物語を展開していく。それに妖術使いの唐天子を登場させて、彼が信じられないくらいの妖術を使って物語は進む。だからあまりの荒唐無稽ぶりに、読んでて白けてくる物語であり、私の好きな小説ではない。司馬遼太郎の小説の中には、忍者、妖術使いのような登場人物が出てくる小説がある。

 司馬遼太郎は応仁の前の時代で、人心も生活も荒んだ時代を、彼なりの設定で書きたかったのだと思う。そしてタイトルの「妖怪」だが、これは妖術使いの唐天子のことか、人並み外れた金銭欲を持った日野富子のことか、あるいは不思議な経緯で義政に取り入って「三魔」の一人と称されているお今のことかわからない。あるいは、将軍の落とし胤との伝承を持つ源四郎も含めて、これらの登場人物全てが妖怪なのであろうか。それとも、下克上が本格化する前の荒んだ時代そのものなのであろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント