「蜜蜂と遠雷」恩田陸 著

 意欲的で面白い小説だ。芳ケ江国際ピアノコンクールに参加する天才的な3人の若者(カザマ・ジン、栄伝亜夜、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)を主人公に、そこに少し歳を取った28歳の男性音楽家(高島明石)を脇の主人公にして、天才達が競うピアノコンクールの世界を描いている。
 小説家の作者は、天才達の音楽を語りながら、そこに「そもそも音楽の世界とは」という視点も入れて書いている。小説の所々に「この世界は音楽に溢れている」というフレーズを入れているが、このあたりのことを書きたかったのかもしれない。
 物語では、脇役に審査員の嵯峨三枝子、ナサニエル(2人は元夫婦)や、高島の姿を映像に撮る彼と知り合いの女性記者仁科雅美、栄伝の才能を信じる音大の学長浜崎とその娘でヴァイオリ演奏家の奏などを登場させて、物語を厚くしていく。

 カザマ・ジンは自宅にピアノもない養蜂家の息子で、審査員達の師匠とも言うべきユウジ・ホフマン(近年逝去)が、このカザマ・ジンをコンクールに送り込んできたのだ。耳が驚くほどよく、天衣無縫の若者として描かれている。コンクールの最中に泊まった先の華道家に華道を習うような男の子である。
 栄伝亜夜は子供の頃から天才と称せられていたが、母が死、ピアノの師の綿貫も死んでから、急に音楽を止める。音楽そのものを止めるのではなく、気楽に音楽を楽しんでいた。ある時、古くからの知り合いの浜崎学長のすすめで音楽大学に入り、またピアノをはじめる。
 マサル・カルロスは様々な血が混じる混血で、幼い時に日本にいて、栄伝亜夜とその師の綿貫からピアノを学ぶように誘われたという奇縁が、このコンクールの時にわかる。ニューヨークの名門音楽大の誇る逸材である。

 私は、この小説の中で演奏されるピアノ曲をほとんど知らないが、恩田陸は各曲を詳しく言葉(文学的に)で表現している。だから、それら音楽をよく知っている人が読めば、また違った感想を持つと思う。そのような音楽に詳しい人の、この小説の評を聞きたいという興味はある。
それにしても恩田陸は、それぞれの音楽を自分なりに聴いて、しっかりした感想を持っているわけであり、大したものだ。そして、恩田陸は「世界は音楽に充ちている」を体現する人物にカザマ・ジンを選び、その音楽の楽しさによって、栄伝亜夜は過去に閉じ込めた音楽の天性を再度開いていくわけだ。28歳の高島明石は、幼少の頃、カイコ棚を持つ家の祖母に育てられ、その情景を思い出すように演奏して、特別の賞を得る。同時に天才たちの音楽を聴き、改めて音楽の楽しさを認識して、この道に進もうとする。

 コンテストでは、技術は凄いが、演奏がアトラクションになっているような音楽家なども登場させている。間接的に恩田陸はこのような音楽を批判しているのだろうか。
 コンテスタント(コンテストの出場者)の特異な才能と、その才能を正しく評価する専門家の世界は興味深い。同時に細かいことはわからなくても、いい音楽には素直に感動する聴衆も書いており、いい音楽の普遍性も理解できるし、救われる思いも持つ。

 ちなみにタイトルの「蜜蜂と遠雷」であるが、カザマ・ジンが養蜂家の息子と言う点と、コンテストの途中で、耳の良いジンが遠くの雷を聞く場面があるからかとも思うが、恩田陸が「エントリー」の章で書いている「世界は明るく、どこまでも広がっていて、常に揺れ動きやすく、神々しくも恐ろしい場所」とか繰り返し書いている「世界は音楽に充ちている」ということから付けたのであろうか。私にはよくわからない。

「司馬遼太郎全集21 義経」司馬遼太郎著

 義経の生涯を、幼時から頼朝から追われる身になって京都から九州に向かうところ(結局は九州に行くことができないのだが)まで書いて終えている。さすがに司馬遼太郎であり、よく知られた話を面白く小説にしている。
 各登場人物の性格を、裏付けるエピソードに基づいて明確に書いて、物語の伏線にして厚みを出している。後白河法皇の権謀好きで変な好奇心(今様好き、隠れて各種見物に出向くこと)、新宮十郎行家の軍事はダメだが生き残る為の政治的な権謀術数能力、義経の軍事の天才ぶりと親族・肉親を信じ・甘える心情と、人間社会で生きていく上での政治的力学把握能力の欠如、好色ぶりなどである。平家の頭領行盛については臆病な性格を出自に遡って書いている。
 そして頼朝については、境遇から性格形成に至ったことを書く。伊豆での流人としての暮らし、そこで伊豆の豪族の娘と関係を持ち、北条政子の婿となるが、政子を恐れる様子を書き、そして頼朝の基盤は、朝廷の収奪に不満を持つ関東の豪族にあり、彼等の意向を常に意識せざること、東国では女性の地位が京都よりも高かったことを示している。
 また頼朝は流人の間、京都の公家から京都情勢の連絡を受けていたこと、大江弘元や京都の政治を知る人物の助言を常に受けていたことが、鎌倉幕府成立の大きな礎になったことも理解できる。

 東国武士の心情もよくわかる。土地を大事にし、それを一族とともに広げ、その権益を守ることに専念する。戦いは土地争いに起因し、土地を主体とする恩賞(権益の確保)をもらう為でもあるわけだ。義経のように大将が先頭に立って戦ってもらっては恩賞の機会も減るし、船の水夫などを射るのは恩賞にもつながらず、むしろ卑怯という悪名になるわけだ。後に義経を追討する時、御家人を募るが、義経の武威を恐れ、誰も手を挙げない。自分の得にならないことは頼朝の命にも服さないのだ。そこで土佐房という者が出向き、返り討ちにあう。
 東国の武士にとっては、義経には土地に根ざした郎党がいないことも、軽んじた一因である。また自分の土地権益を守ってくれるのが頼朝であり、義経は弟と言っても、御家人と同じ立場というわけだ。
 義経が兄の誤解を解くために、戦いでの自分の功績を頼朝に伝えれば伝えるほど、自分達の功績を無視する義経に反感を抱くわけだ。

 また当時、平家の拠点の西国は飢饉だったことを記して、平家方には兵が集まらず、士気が低いまま富士川に出陣して逃げ帰る伏線を書いている。
 木曽義仲の田舎者の行動が京で反感を持たれ、義仲傘下の軍勢も寄せ集めで、京都で略奪を終えると、郷里に帰ってしまうような状況もなるほどと思わせる。
 義経の軍事上の天才ぶりの記述も冴えている。鵯越の戦いでは、平家は六甲山地の下に海岸沿いに陣をひいていて、京都側の平地に兵を厚くしていたわけだが、山から平家の本陣にたった数十騎だが突入して、火をかけたから、驚いて本陣が崩れ、海に逃げた為に総崩れになる。
屋島では平家が想定していた海からの攻撃ではなく、阿波の方に上陸して騎馬で攻めた為に、平家が海上に逃げて、結果として敗戦になる。
壇ノ浦の戦いは海流の流れが時間で変わることで、それを利用したことが知られているが、当初に押されていた時に船が苦手な東軍は陸沿いに船で逃げ、その陸に弓射隊を配置していたのが功を奏したわけだ。また水夫を狙って射る禁じ手も有効だった。

 源氏は伝統的に親族の仲が悪く、これが平家との違いと書いているが、この傾向は後の鎌倉幕府の北条政権でも引き継がれる。鎌倉幕府の権力闘争も陰惨なイメージがつきまとう。

「名将乃木希典と帝国陸軍の陥穽」鈴木荘一著

 この本は、司馬遼太郎が『坂の上の雲』で無能な乃木希典将軍、頑迷な伊地知幸介参謀長と評価したことに対して、逆に高く評価すべきと書いていて興味深い。そして児玉源太郎総参謀長は軍政家としては評価すべきだが、軍事能力は劣るとし、その作戦参謀の松川敏胤は優れているが、井口省吾は愚将と書いている。
 鈴木氏は、これまでも国民文学になって愛されている『坂の上の雲』に書かれている司馬史観に対して異論を唱えていたが、「あれは小説だから」と言われ、まともに議論してもらえない状況に業を煮やして、この本を執筆されたのだと思う。

 そして日本が軍事、作戦の教師として招き、司馬遼太郎も高く評価しているメッケルを、軍政家としては良いが軍事学はダメではないかと論じている。鈴木氏は太平洋戦争につながる誤りの一因にメッケルの教えがあるとも言う。すなわちメッケル軍事学を学んで太平洋戦争時に大本営の参謀として、大きな誤りを招いた服部卓四郎、辻政信、瀬島龍三を強く非難している。この3人への鈴木氏の評価に私は異論は無いが富永恭次も加えるべきであろう。これら参謀の無能の証左は本論と違うから簡単に書かれているだけだが、辻政信が作戦を主導したノモンハン事件(司馬遼太郎も書きたかった事件)については章を設けて論じている。
 また司馬遼太郎は、自分が戦時中に配属された戦車隊の戦車をボロクソに貶しているが、世界では日本の戦車はそれなりに評価されていたことを示している。

 鈴木氏はきちんと資料を読み込む人物であり、ここで書かれていることは『明治卅七八年日露戦史』などの資料を読み込まれてのことだと思うが、具体的な事柄ごとに典拠となる資料(ページも含めて)を明示されている方が良いと思った(参考文献の書名は巻末に掲示)。
 例えば、①旅順第2回総攻撃の前に203高地攻撃を乃木の第3軍が進言しており、むしろ児玉源太郎が正面攻撃に拘ったこと、②遼陽会戦で敵将クロパトキンが囮作戦で撤退したことを野津軍、奥軍は感づいたにも拘わらず総司令部は突入を命じ、危ういところ、松川参謀が黒木軍に背面から攻撃させることで救ったこと、③奉天会戦と戊辰戦争時の白河城攻略との共通点と、奉天会戦時の乃木軍の奮戦(児玉は進撃が遅いと叱責したが)のことなどである。
 もっとも同じ資料を読んでも、反対の意味に解釈する人がいるわけだから、現代史を研究している学者は「あれは小説だから」で逃げずに論戦に参加されることを期待したい。

 この本で、もう一つ改善してほしい点は、挿入されている地図が地点の地名は書かれているものの両軍の配置や、道路、高低差などの情報が記されていない為かわかりにくい点である。 

私は『坂の上の雲』は名作だと思う。そこで無能と書かれている乃木将軍だが、姿が美しい人間(侍)として好きな人物である。、また鈴木氏が軍事の能力を悪く言う児玉源太郎も、太平洋戦争時の指導者と違って「この戦争を終わらせるタイミング」を常に意識していた人物として尊敬している。
コロナ禍で、蔵書の司馬遼太郎全集62巻を読み始めており、20巻まで読了したが、この中では『竜馬がゆく』と『峠』が良い。『竜馬がゆく』の中にも史実と違うところが当然にあるが「小説だから」で楽しんでいる。