「司馬遼太郎全集20 加茂の水」司馬遼太郎著

 この物語の主人公は玉松操。岩倉具視の活動を文書起草で助けた人物である。鳥羽伏見の戦いの途中で登場した錦旗の考案者でもある。
 下級公家の山本家(家禄150石)に生まれ、醍醐寺に入れられ、一山きっての学僧になったが、狷介な性格で堕落した僧を棒で打つなどして寺を出て、還俗した。50過ぎてのことである。
 もちろん妻帯はせず、儒者のような服=乞食のような格好で、当初は近江坂本に流遇し、のちに坂本の北の方の真野の里に流れ住んだ。坂本時代も気に入らぬと棒で叩くような人物であった。村の子供達に読み書きを教えて食べるものを得ていた。
 岩倉具視が洛北に隠棲していた時に、岩倉が自分には文章の素養が無いとして、人物を探している時に、三上兵部(義胤)と出会う。
 三上は江州の人物であり、玉松操を思い出す。そして岩倉の元に来て貰うように頼まれるが、玉松の人柄を知っているだけに、招請に応じるとは思えなかったが、玉松に会って説得する。
 当初は岩倉を奸物と思い、断っていたが、会ってから判断するということになり、岩倉村に出向く。岩倉は役者だから、玉松に嫌われないように接遇し、話の中で意気投合する。
 それ以降、岩倉の陰謀を文(手紙)にして活動する。思想的には徹底的な攘夷主義者である。岩倉はこの頃は薩摩の大久保利通との関係で本心は倒幕開国主義になっていた。
 陰謀の一つが錦旗の作成である。玉松が古書から想像してデザインし、帯地を買って長州で縫製したものである。これが鳥羽伏見の戦いの途中で登場したことで、戦局は薩長方に大きく傾く。

 維新後は政府が開国主義になり、岩倉の元を放れて、明治5年に病没した。加茂川のほとりで誰にも看取られずに亡くなったわけだ。岩倉が死ぬ前に、肥後の井上毅に、自分が死ねば玉松のことなど歴史から消えるだろうと涙を浮かべて話をしたことで史料が残り、司馬遼太郎の小説になったと言うわけである。
 激動の時代に生まれた不思議な人物の一人である。