「小菅優&新日本フィルハーモニー交響楽団」於すみだトリフォニーホール

昨夜、標記の演奏会に妻と出向く。緊急事態宣言発出前だが、中止の連絡がいつ入るかと思っていたが、無事に開催された。
観客の座っている席は結構な間隔であり、そういう配慮はされている。

ベートーヴェン生誕250周年に関する催事の一環で、演目は「劇音楽エグモント序曲」「ピアノ協奏曲第1番 ハ長調」「ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 皇帝」の3曲である。
「劇音楽エグモント序曲」はオーケストラだけの演奏で、指揮は角田鋼亮である。劇音楽だけあって曲調の変化を伴いながらもダイナミックな曲で、オーケストラも力一杯の演奏も見せて、楽しい。序曲がこれだと、本篇への期待がいやがうえにも高まるだろう。

次からピアノが入る。ピアニストの小菅優さんははじめて知るが、ドイツで長く暮らし、ヨーロッパ各地の交響楽団と共演し、特にベートーヴェンの曲に思い入れがあると解説に記してある。
弱い打鍵でも音がクリアであり、また物凄く早い打鍵の場面でも一音一音が明確で見事な演奏だった。

ベートーヴェンが偉大なのは私が今更言うまでもないが、聴いていると、音楽に安らかさとか穏やかさを表現するにしても、その前に心を大きく波立たせるようなダイナミックなメロディ・音が入る。この後に安らぎが来るような音楽である。私のような人間には心が震えるような演奏が強く印象に残る。「ピアノ協奏曲第1番 ハ長調」では第1楽章、「ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 皇帝」でも第1楽章と、第3楽章の印象が強く残る。

音楽が教会で神に捧げる荘厳なものや、バックミュージック的に、食事、舞踏の場に流れていれば心地良いととらえていた当時の貴族には、音楽が主役となって心を騒がすようなベートーヴェンの曲は新鮮と同時に違和感を持ったことだろうと改めて思う。その曲、その演奏の為に音楽会に聴きに行くようにさせたのがベートーヴェンなのだろう。

ピアノの独奏の場面、ピアノが先導してオーケストラの演奏を引っ張る場面、逆にオーケストラの音に乗って、ピアノが入り込んでいく場面など、小菅さんと角田さんのオーケストラは一体となって楽しかった。

なお、この演奏はGO TOイベントの対象で、入場料が安くなっている。私はGo Toの特典を使ったことはなかったが、この演奏会ではじめて恩恵を受けた。