「関ヶ原前夜」光成準治 著

 副題に「西軍大名たちの戦い」とあるように、毛利家、宇喜多家、上杉家、島津家の当時の動きを、できるだけ一次資料に準拠して明らかにしようとしている。精読するのが大変な内容のある書物である。
 西軍に属した大名の史料は、徳川時代になって編纂されたものだと、どうしても幕府への遠慮が入る。そして、それが通説になっていると著者は述べる。この通りだと思う。

 毛利家は当主の輝元に長く嫡子が生まれず、養子として元就四男元清の子の秀元を養子にした。しかし輝元に秀就が誕生した。秀吉は秀元を毛利家の後継者に認めると一方で、輝元がまだ若いから実子が出来たら、実子に家督を譲り、秀元に似合いの扶持を遣わすことを条件にしていた。そのため、秀元に輝元は領地を分配する必要が生じる。そして小早川隆景が逝去し、九州の隆景領地とは別に毛利氏領国内の三原などの給地や、小早川秀秋家臣団とは別個の隆景独自の家臣団の処遇も考える必要がでる。秀吉はこれを決めたが、秀元を優遇したものだった。その後、秀吉が逝去する。その為に秀吉の調停案は実行されなかった。輝元は三成や奉行を味方にして自分の有利にする。一方、秀元は不満を持つ。
 輝元は石田三成などとの結びつきを強くしていたわけである。七将が石田三成を襲撃する事件の時も輝元は三成を擁護する。七将襲撃事件の黒幕は三成に反感を持つ黒田如水の可能性も指摘している。家康は当初から三成の引退を画していた。
 毛利家当主の輝元は凡庸な大将で傍観者的に巻き込まれて西軍の総帥になったとされているが、凡庸は凡庸だが、石田三成と懇意で、西軍に肩入れしていて、この動乱に紛れて、西国支配者の地位を確保する為に、阿波や伊予を征服したりしている野心家である。
 関ヶ原後も大坂の陣に、重臣宍戸元秀の次男を佐野道可と変名させて秀頼に加担させている。道可は生き延びるが、幕府に知られ、道可は自分の一存で大坂城に入ったと自殺するが、その子二人も自害させている。三代目のひ弱さを持った人物と談じている。また輝元と仲が良くない吉川広家は東軍に付くが、無条件に東軍についたのではなく、どちらが勝つかを見極めながら行動していたことを明らかにしている。

 上杉家は国人領主の力が強く、その中で直江兼続を中心にまとめていくが、その過程で豊臣権力(石田三成の助言も得て)を利用して検地をして豪族の力を削いでいく。その過程で三成とつながりがでる。
 佐竹は上杉と徳川の二股をかけていて、そのことが戦後にわかり秋田に転封となる。伊達も上杉と戦うが、徳川軍の進軍が止まったら、自軍の戦闘もとめている。上杉家も家康軍と戦うことよりも、動乱に乗じて奥羽越佐の覇王になることが主目的だった可能性もある。
 上杉家は下野、越後で百姓層の一揆を誘発させて、対伊達、最上との戦いに専念する。

 宇喜多家は国人領主の力が強かった。宇喜多秀家の成長とともに、秀家は統制を強め、自分の幕僚的な新興の重臣を登用していく。その結果、彼等幕僚と国人領主との間で軋轢が生じて、関ヶ原の前に重臣達の争いが起きる。それに家康が関与して宇喜多家の勢力を削いでいる。

 島津家は当主の義久は中世的な当主。国人領主の上に乗って統治。なかなか検地も出来ず、豊臣権力の叱責を受ける。弟の義弘は中央に出て豊臣権力の強さを認識し、重臣の伊集院忠棟とともに豊臣権力を使って中央集権を目指す方向となる。
 義弘が朝鮮の陣に出て、島津の武勇をあらわす。義弘の子で義久の養子となった忠恒も朝鮮に渡海する。その在陣中に検地が行われ、在陣の武将は不満を持ち、忠恒も彼等に同情する。検地に加えて、朝鮮の陣での加増で島津家中は揉める。豊臣政権の意を汲む伊集院忠棟は恨みを買う。義久は上京して家康と会う。このような時に義弘の息子で義久の養子となった忠恒が伊集院忠棟を殺す。息子の伊集院忠真は反乱(庄内の乱)を起こす。これに家康が介入する。
 義久と忠恒は徳川と近づき、義弘は従来の親豊臣であり、義弘が西軍になったのは薩摩における力のバランスを変えようとした狙いもあるか。薩摩は国元が兵を送らず、小人数で戦わざるをえず、島津軍は二軍的な位置づけだった。(一軍が破った後に突っ込む)それで当初は戦わなかった。

 豊臣政権は本当の意味の中央集権でなく、各地の大名は守護大名・国人領主が大きくなったような存在であり、このような状態だと群雄割拠になる。その点、関ヶ原で勝った徳川家は圧倒的な中央集権となり、それで国内が安定した面もある。ヨーロッパの絶対主義王政のようなもの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント