「司馬遼太郎全集16 風の武士」司馬遼太郎 著

 全集16に「十一番目の志士」と一緒に収録されている「風の武士」という時代小説である。
 司馬遼太郎が大衆時代小説家であった初期の作品である。舞台は幕末で、主人公は幕府御家人の次男で柘植信吾である。御家人と言っても伊賀者の末裔である。時代小説らしく主人公は剣(居合)の達人で父から忍術の初歩も教わっている。司馬の小説らしく魅力的な女性が登場して読者サービスをする。
 町の剣術道場で代稽古をして、ぶらぶらと過ごしていた。馴染みの女性もいて、持ち込まれる養子の口も蹴って、あてなく生きていた。物語は、その道場主の用人が殺され、そこからこの町道場主の秘密が明らかになって展開する。
 その秘密が明らかになる過程は初期作品の為か無理があるが、紀州の山奥に誰も知らない国があり、そこに莫大な財宝があり、そこへの道や秘密に、この道場が関係していたということである。町道場主の娘として暮らしていた女が、その秘密の国(安羅井国)の姫君ということが明かされる。主人公はこの姫君にも懸想をしていた。
 ここで柘植は老中特命の隠密を命じられる。幕府の狙いは幕末で金が無い時代に、その国の莫大な財宝を狙うことである。彼とは別に正式な幕府隠密も、この事件にかかわり、匿名の「猫」と言うことで、彼とのやりとりが綾をなす。この幕府隠密に絡んだ女性も登場して読者を楽しませる。
 紀州山奥の秘密の国の莫大な財宝は、幕府だけでなく紀州藩も狙っていて、紀州藩の隠密も暗躍して、彼等との戦いが繰り広げられる。
 この姫を迎える為に安羅井国の人間もやってきて、それぞれが敵になったり味方になったりしながら、安羅井国へ向かう道中で争いが繰り広げられる。また色恋沙汰が行われる。
 紀州藩の方は、藩とは別に紀州家御用商人も、その財宝を狙うという設定で、緒方洪庵の適塾出身という医者崩れの剣豪も登場する。
 最期に安羅井国に到着するが、柘植信吾が気を失っている内に安羅井人は日本から財宝ともども脱出したように思わせて物語は終わる。安羅井→ヘブライ→ユダヤ人のように思わせる設定である。
 荒唐無稽の割に、あまり面白くもないし、良い小説でもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント