「司馬遼太郎全集16 十一番目の志士」司馬遼太郎 著

 全集16は「十一番目の志士」と「風の武士」という時代小説が収録されている。「十一番目の志士」は幕末の長州で、高杉晋作に見出された周防国鋳銭司村の百姓の子で、家伝の二天一流(宮本武蔵創出)の達人という天堂晋助を主人公にしている。鋳銭司村は聞いたことがあると思う。大村益次郎の出身地である。ただし、大村益次郎は一切出て来ない。
 高杉の意を受けた長州藩の刺客という位置づけだ。村の庄屋の世話で長州藩の上士の若党になるが、屈辱的な扱いを受け、退転し、高杉の世話で奇兵隊の一員になる。はじめから客将的な位置づけて、高杉の特命事項の暗殺を受け持つ。司馬遼太郎の小説らしく、諸所に魅力的な女性を登場させて、天堂は寝ていく。こういうサービスの筆が司馬遼太郎小説の人気の一つなのだろう。
 高杉の命で幕府の切れ者小栗上野介を狙うことを主旋律にして物語は動く。小栗がいそうな場所を舞台にするのだが、なんと言って京都が舞台である。蛤御門の変で長州藩が京から追われたが、その時期に京都に潜入していて、新撰組や幕府方諸藩士に追われて戦う。架空の時代小説上の主人公だから、窮地に追い込まれても死なない。剣は無敵である。
 途中で奇兵隊を裏切った赤根武人を狙うように指示される。同じ階級の出身者であり、天堂は乗り気ではない様子で小説は進む。そこに史実を織り込ませて、司馬遼太郎は本当らしくしていく。
 高杉の死で、高杉の情婦のおうのを、同志が無理矢理に尼にするところで、天堂は自分も高杉によって生かされたことの空しさを感じるところで小説は終わる。
 ただし、なんで十一番目かはわからない。高杉、桂、伊藤、井上に、奇兵隊の赤根、山県などは登場するが、残りはわからない。刺客仲間では薩摩の中村半次郎が出てくる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント