「司馬遼太郎全集15 豊臣家の人々」司馬遼太郎 著

 全集15に「関ヶ原 2」と一緒に収録されている小説である。文字通り、豊臣家の親族や養子、猶子であった殺生関白こと豊臣秀次、金吾中納言こと小早川秀秋、宇喜多秀家、北政所、大和大納言こと豊臣秀長、駿河御前、結城秀康、八条宮、淀殿・その子に章は分かれている。

 秀次は秀吉の姉「おとも」の子である。阿波の名族三好家の名跡を継いで三好秀次となる。小牧長久手の戦いでは大将となって家康の本拠地三河を衝く別働隊を率いるが惨敗する。秀吉と淀殿の間の子鶴松が夭折した為に、秀吉の養嗣子となり関白となる。しかし秀吉に第二子(後の秀頼)が生まれると、秀吉は秀次が邪魔になる。秀次は学問を庇護していたが、乱行もあり、それを咎められて切腹させられ、妻妾や子も誅殺されて「悪逆塚」と刻まれる。

 小早川秀秋は北政所の実家の木下家に生まれ、子のない秀吉夫婦の養子となる。幼童の頃は可愛げがあったが、成長すると愚鈍さがでる。秀吉と淀殿の間の子ができるまでは、それなりに大事にされたが、子ができてからは邪魔になり、その意を受けて黒田如水が毛利本家への養子と考える。相談された小早川隆景は小早川家に迎えることにして毛利家を守る。第二次の朝鮮の役に大将となったが、そこでの戦振りを軍監が石田三成に告げて、秀吉の怒りを買い、越前転封の命を受けるが、家康が取り繕う。それで家康に恩を感じ、一方で石田三成を恨む。これが遠因で関ヶ原での裏切りにつながる。

 宇喜多秀家は秀吉が宇喜多直家から頼まれて養育する。すこやかに育つが、宇喜多家内部の統率に関心が無く、家が乱れる。それを家康に利用される。ただ秀頼公の御為という念は揺るぎなく、関ヶ原では西軍で戦う。戦後、妻の実家の前田家などのとりなしで、八丈島遠島となる。ここで83歳まで生きる。徳川四代将軍の治世である。

 北政所は秀吉の糟糠の妻である寧々さまである。陽気でフランクで偉ぶらない人として描いている。福島正則、加藤清正などを育てる。淀殿に子ができると、そちらに近江閥が自然に出来、北政所の方は尾張閥とされて、徳川家康を頼るようになっていく。

 豊臣秀長は秀吉の母が後に嫁いだ竹阿弥の子として生まれる。あまり事績は知られていないが、竹中半兵衛の指導を受け、播磨・但馬の領主として姫路城を居城として、中国大返しの時は留守を守り、後に紀州、大和を任される。武将としても人の和をはかり、優れた人物である。天正19年に50歳で歿したが、亡くなってから豊臣政権が揺らぐ。

 駿河御前は秀吉の妹のことである。百姓に嫁いでおり、その亭主を秀吉が侍にしようとしたがどうにもならない。その後、佐治家に嫁ぐも亭主は死に、その後、副田甚兵衛の嫁となる。
その後、秀吉と家康が講和した時に離縁させられて家康の嫁となる。このように運命の変転を描くが、人柄については無口な人として、秀吉のせいで人生を戸惑って暮らしたと書いている。小説になりようのない人だったようだ。

 結城秀康は家康の次子だが、正妻築山殿の子でなく、築山殿に狙われ、家康にとっても思い入れが少ない子だったようだ。本多作左衛門重次が庇っていた。小牧長久手後の和解にあたっての人質として豊臣家に出される。青年の頃から剛毅で、成長すると自然な威があり、家康も秀忠も気を遣って遇していたことが書かれている。秀吉に実子が生まれてから関東の名門結城家の養子となる。関ヶ原の時は江戸で後詰めとなり、上杉を抑えた功として戦後一番の加増を受けて越前に移封される。その後、34歳で唐瘡で逝去する。

 八条宮とは、誠仁親王の子で後陽成天皇の弟である。後の桂離宮の基礎を造った人物である。今出川晴季が斡旋して秀吉が猶子として育てる。秀吉の建築好きを見て桂離宮に至るような小説にしている。秀吉の茶道のこと、細川幽斎を登場させて歌、古今伝授のことなども織り込まれている。

 淀殿・その子は、淀殿を中心に近江閥ができていき、それと尾張閥との争いで豊臣家が滅ぶ様子を描いている。淀殿の女中衆が片桐且元に不信を持ち、それが大坂の陣につながるようにする家康の計略を書く。淀殿の乳母の大蔵の息子が大野兄弟であった。

 司馬遼太郎もあまり好きな人物はいなかったと感じる小説である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント