「岩見重太郎の系図」司馬遼太郎 著

 司馬遼太郎全集12に所載の短編である。面白い小説で傑作だと思う。薄田大蔵という人物が主人公である。大坂で梶派一刀流の道場主として世を送っている。
 あるとき、大坂から奈良に出向く用があり、そこで2人の武士が戦っているのに遭遇する。大蔵は剣術道場の主であり、仲裁に入ろうとした。しかし双方から黙殺され、戦いが続き、一人が死に、もう一人の若者は重傷だが、場を立ち去る。
 そこに紫の袱紗の包みが落ちており、開けると古びた巻物だった。自分の姓の薄田の文字が読めたので懐に入れ、近くの人を喚んで顛末を話す。自分が殺めたものでないことを証明する為に佩刀を渡して奉行所に届けるように言って去る。

 大坂の道場に戻り、一人で袱紗を開けて、中をみると薄田家の系図であった。薄田隼人正兼相で終わっていた。翌日、原持明軒という経師を訪ねる。この人物は諸家の系図作りも手がけていた。大蔵は自分の家の蔵から出たと嘘をつくが、持明軒は「お宅に蔵があったかな?」と眉唾な話だと察するが、系図作りは彼の商売である。彼から薄田隼人正は大坂の陣で後藤又兵衛らと一緒に活躍した武将であることを知る。

 大蔵は大坂に住んでいながら薄田隼人正のことは何も知らないから、戦いの地に出向いて歩き回ったりする。

 持明軒から、薄田隼人正は天橋立の仇討ちで有名になった岩見重太郎のことだとも聞く。

 持明軒は偽の系図作りの専門家だから、嘘と承知で、本物らしく大蔵のところまでの系図を作ることとして20両請求する。これでしかるべき大名家に仕官できるかもしれないと匂わす。

 出来上がった系図では、薄田隼人正が婢女(はしため)の梅に生ませたのが大蔵の父となっており、後日の証拠にこの系図と正宗の短刀を渡すとある。本物になりきるには天下の名刀正宗を探さないといけないが、大坂では鍛冶の井上真改が所持していると持明軒は情報をくれる。

 ある夜、あの時の若者ともう一人に襲われる。若者は薄田源次郎と名乗る。大蔵が二人を斬って、辻斬りとして届け出る。辻斬りを斬ったのが薄田隼人正の子孫で剣客だとして、薄田大蔵は脚光を浴びる。

 この男の薄田源次郎は江州余呉生まれの無宿とわかる。余呉に出向いて身元を確認すると由緒など無いことが確認される。大蔵は一安心する。

 経師の持明軒が井上真改の屋敷に連れて行ってくれる。そしたら辻斬りを退治したことで有名であり、真改が正宗を貸してくれると言う。

 大坂の陣で、薄田隼人正を討った河村新八は水野勝成の軍に属しており、その後裔の備後福山藩主水野勝慶が薄田隼人正の子孫を探していることがわかる。福山藩の用人が大蔵に元にくる。大蔵は返事を待ってもらう。

 町奉行所から連絡があり、奈良で殺された男は播州書写山の寺侍崩れで、名は岩見新之助とわかる。そこで大蔵は播州岩見郷に出向く。古老に聞くと、ここは岩見重太郎の出身地ではないと言う。ただし岩見新之助のことは知っており、彼は書写山の寺で什器、宝物を管理していたが、それらを盗んで密売していたことがわかり、放逐された人間であると判明する。寺の宝物の中に薄田家の系図があり、それを盗んだのだと推察される。この人物も本当の薄田隼人正に関係が無いことがわかり、大蔵は安堵する。

 大蔵はここまで調べてから、水野家に出向き、馬廻役200石で取り立てられる。首尾良く偽の子孫になりおおせたのだが、大蔵の心は晴れずに、静かな余生を送ったという。

 余談として井上真改から借りた正宗を経師と一緒に返却に出向くと、真改はあれは自分の作品と明かした。なにもかも偽物の出来事であった。

 後に水野家は嗣子がなく除封され、家臣は散って、薄田家は大坂で大名貸しの商人になった。

 偽者になりすますことへの薄田大蔵の不安な心理がうまく書かれている。また大蔵の妻は金持ちの家の出で、当初は大蔵を軽く見ていたが、その態度が変化していく様子なども面白い。