「尻啖え孫市」 司馬遼太郎著

司馬遼太郎全集8の「尻啖え孫市」である。読みやすい小説だが、自治会からみの仕事が多く、なかなか時間がとれなかった。
紀州雑賀の鉄砲隊を率いた雑賀孫市を主人公にした痛快な時代小説である。時代小説と書いたが、雑賀孫市は実在した歴史上の人物であるから歴史小説でもいいのだが、ほとんど事績がわからない人物である。それを司馬遼太郎が女好きで鉄砲の腕はもちろん、腕力も強く、権力欲の無い快男児に仕立てている。女好きと言っても、カラッと明るい女好きで、理想の女性を求めて、それだけが生きがいのような男にしている。
司馬遼太郎全集を再読して改めて思うのだが、主人公への魅力的な女性の絡ませ方に意を配っていることを認識する。

この小説では、カラッと明るい女好き孫市は、好ましい女性を種々の観音に例えて女性遍歴をするような人物にしているから、孫市の行動の節々に魅力的な女性を沿わせてくる。
読者に読んでもらうためのテクニックでもあると思う。昭和38年~39年に「週刊読売」に連載された小説という側面もあったのであろう。

孫市が京都に出向いた時に見かけた女性(それも足先だけ)に憧れ、それが織田家の息女と聞いて、岐阜の城下に来るところから小説は始まる。ここで木下藤吉郎に会う。藤吉郎が信長と諮って、織田家の親戚筋の娘を、孫市が顔を見ていないことを幸いに、仕立て上げる。その娘を京都に出向かせて、それらしくする傍ら、織田の朝倉攻めに孫市を誘う。浅井の裏切りで退却するが、その殿戦を申し出た藤吉郎に協力して戦う。そして京都で憧れの女性に会うが、偽物だったことを知り、織田家と絶縁して、紀州に戻る。

紀州では一向宗が力を増している。そして孫市が京都で見初めた女性は紀州の名門、紀家の姫と知る。孫市は宗教など大嫌いな男であるが、姫は浄土真宗を信仰しており、その姫も参加されるという聞法の集会に出る。
そこで浄土真宗の説法僧法専坊信照に出会い、僧が姫との仲立ちをする。というのは石山本願寺が信長との戦いに備えて雑賀孫市を大将に迎えたいと考えていたからである。孫市は茶席で姫と会う。ただ姫は孫市より、法専坊の方に好意を持っていると感じる。

堺に出向く場面になる。懇意の鉄砲鍛冶のところで、そこの養女で種子島家の血を引く女性に出会う。この鉄砲鍛冶も、その養女も本願寺門徒であり、孫市の本願寺側への参戦を希望していた。
堺で藤吉郎に再会し、藤吉郎から信長の堺代官が孫市の命を狙っているという情報をもらう。その暗殺者と戦う。

養女を連れて紀州に戻り、本願寺の為に戦うことになる。養女は種子島家の血を引いているので鉄砲女神のような位置づけで、雑賀衆のまとめ役となる。
石山合戦は孫市の鉄砲隊のおかげで信長の攻撃を跳ねかえす。一度、朝廷の仲立ちで講和を結んだのは、孫市のアイデアであるような小説になっている。
その後も信長と戦い、時には孫市が信長を狙撃するが、信長勢力は拡大していく。本願寺は信長と和を結び、石山本願寺を退去する。紀州攻めを防いだが、脚を負傷する。後に、孫市は家督を譲り、堺で隠居する。
その後、信長は本能寺で死に、秀吉が天下をとる。、秀吉と家康の争いの時に、秀吉側から味方につくようにと要請されるが、隠居であり、判断は国元に任すとした。秀吉側から雑賀へ説得に来た使者は態度が大きく、徳川方につくことになる。秀吉と家康が講和後に、雑賀も開城する。藤堂高虎が秀吉が会いたいと言っているとのことで、粉河寺に出向くが、ここで孫市は死ぬ。

「尻啖え」とは孫市の捨て台詞である。
(全集ではなく、文庫本をリンクする)

「燃えよ剣」司馬遼太郎著

司馬遼太郎全集の第6巻である。以前読んだ時のことはすっかり忘れているが、導入部はこんな小説だったのかと新鮮であった。
私が自分で定義している時代小説と歴史小説の違いは、時代小説は主人公は架空(例えば忍者)ということで、歴史小説は主人公は歴史上の人物で一応の事績は知られている人物というところが違う。この小説は歴史小説であるが、前半の新撰組ができるまでの多摩にいる頃の土方の描写は時代小説らしく、女性、敵役に架空の人物を設定して、それに土方を絡ませて生き生きと書いている。そして司馬遼太郎独自の土方歳三のイメージ(組織作りに長けて、政治的なことには関心がなく、無愛想で軍事に才能がある)に合致するエピソード、あるいはそのような人柄を強調するようなエピソードを興味深く挿入して、読者に司馬遼太郎の持つイメージを植え付ける。このあたりが司馬史観と言われるところなどだろう。
もちろん、そのようなエピソードで埋められた主人公土方歳三の活躍は読者を飽きさせない。また一人の男としての生き方を憧れも感じさせるような筆力で展開する。そして男の生き方の魅力を増幅させる為に、魅力的な女性を絡ませる。このあたりが司馬遼太郎の小説家としての上手なところである。

新撰組の時代からは、史実に即して物語は展開するが、史実に会話の内容などは残っていないから司馬遼太郎の創作である。創作だが、それが主人公に命を吹き込み、読者は魅了されていく。そして上述したような土方歳三のイメージを膨らましていく。

当方は刀のことに詳しいから、この小説に出てくる刀の話や、戦いの場面は鼻白むところが多い。
新撰組は、京都で尊皇攘夷のテロリズム(刀による暗殺)が吹き荒れた時に、刀には刀として組織される。テロリストのカウンターパートとして4年間だけ京都で存在感を示している。維新の時代になるとテロリストの汚名は新撰組に着せられる。

土方は、この後、甲州鎮撫隊、宇都宮城奪還、会津、仙台と転戦していき、函館の五稜郭の戦いで戦死する。新撰組の中では刀の時代から銃砲の時代の戦いに適応できた人物である。

(本は全集でなく文庫本を紹介>

「炎の人 式場隆三郎」 市川市文学ミュージアム

この冊子は市川市文学ミュージアムが開催した「式場隆三郎 没後50年記念企画展」の時に作成されたものである。
式場隆三郎は明治31年に新潟県に生まれ、精神科医となり、昭和11年から市川で国府台病院を開院した人物である。ゴッホの研究をしたり、柳宗悦と一緒に民芸運動に携わり、戦後は山下清を世に出した人間として知られている。
この本で知ったが、生涯で約200冊の著作を刊行したとのことだ。ゴッホに関する著作だけでなく、精神病関係の書、医学教養書、小説など幅広い。中央公論社からは毎号のように寄稿を求められていたとある。
画家では他にロートレックの本も上梓している。また、戦前に東京にあった不思議な建物二笑亭にも関心を寄せて書いている。
彼がゴッホに関心を寄せたのは学生時代に読んだ「白樺」の影響であると記されている。私は式場氏のゴッホに関する著作は読んでいないのだが、ゴッホの手紙の翻訳も含めて、これだけ多くの本を出版しているのに、現在のゴッホ研究においては、式場氏の著作はあまり重視されていない。これは他の著作にも共通しているようだ。忘れられている人物である。
なお、彼は松方コレクションの返還=国立西洋美術館の建設にも尽力したことが記されている。こんな業績も忘れられている。

ゴッホ、ロートレックもそうだが、二笑亭という変わった建物を建てた赤木城吉(仮名)も精神の病を発症した人物であり、また山下清も彼の医業の分野に関係するから、興味の対象が闇雲に広かったわけではない。
民芸の方はまた別で、柳宗悦の木喰上人の調査研究に同行し、彼に師事し、月刊民芸の編集に携わる。そこでバーナードリーチや河井寛次郎などとも親交を深める。
本は沢山刊行しただけでなく、本の装幀にも凝り、芹沢銈介や棟方志功、奥山儀八郎などに依頼している。ちなみに奥山は日本毛織に勤め、広告版画などを制作しており、フリーになってからのアトリエは国府台の病院の近くだったと記されている。ちなみに奥山儀八郎が矢切の渡しを描いた版画は我が家にある。矢切は国府台の近くであり、なるほどと思った。
また彼は病院の庭にバラをたくさん植え、精神病の治療にも間接的に役立てようとしたようだ。このために市川市もバラに関心を寄せて、ローズ・シティなる宣言を行ったことがある。ただし今の市川市では忘れられている。

「微光のなかの宇宙-私の美術観-」 司馬遼太郎 著

司馬遼太郎全集1が忍者物の時代小説であり、少し毛色の違ったものを読もうとして、全集の65に収録されているものを選ぶ。これには「街道をゆく 十四」も収録されている。

「微光のなかの宇宙」には司馬遼太郎が美術について書いた次のエッセイが集められているが、私にはあまり面白くなかった。歯切れの悪い評論と感じる。
「裸眼で」「密教の誕生と密教美術」「わが空海」「激しさと悲しさ-八大山人の生涯と画業」「ゴッホの天才性」「微光のなかの宇宙」「八木一夫雑感」「三岸節子の芸術」「出離といえるような」である。

「裸眼で」は司馬遼太郎が新聞記者時代に美術の担当になった時に、美術をわかろうとしてセザンヌなどの理論書を紐解いた時の違和感を書いている。そして仕事で絵を観ることが無くなった時期から自分を取り戻して絵に自由に感動できるようになったと書いている。そしてゴッホの素描に文学性を感じ、それから鴨居羊子の弟の鴨居玲のこと、上村松園の絵のことなどに触れている。

「密教の誕生と密教美術」と「わが空海」は密教美術、それを日本に持ってきた空海の天才を書いている。密教は紀元5~7世紀ころに南西インドで成立する。この地はアラビア人との交易で栄えていた。釈迦の全て捨てよの教えから、富など持ったまま即身成仏ができることを願い、密教を誕生させる。密教の菩薩像は華麗で、密教は欲望も肯定されることから男女の性愛も肯定されて、それが行きすぎて変な方向になることもあると説く。
最澄が中国製の仏教の天台宗をもちかえり、空海は中国経由でのインドの密教を持ちかえる。そして思想体系を完璧に近いものにした。密教美術は思想表現である以上、造仏には取り決めがある。決まりが煩瑣な面もあるとして不動明王、観世音菩薩のことなどを説明し、滋賀の向源寺(渡岸寺)の十一面観音、河内の観心寺の如意輪観音、高尾の神護寺の虚空蔵菩薩などを紹介する。
なお空海は母方の叔父にあたる阿刀大足が学者として一流であり、彼に学び、唐にわたる前に学識を蓄えていたとする。加えて修験道の修業もした。その結果、唐で中国人にも一目を置かれる学識を発揮し、恵果から密教の正統者と認められる。まさに天才と評している。

「激しさと悲しさ-八大山人の生涯と画業」とは明の八大山人の生涯や、特に生命感に溢れる絵に感銘を受けたことを記している。彼は明の王族ではあるが江西省に住し、清によって亡びる時を経験した人物である。

「ゴッホの天才性」ではゴッホのことを記している。ゴッホは牧師の家に生まれ、生涯、独特の愛他主義をい持っていたが、世間と徹底的に調和できなかった。それが自分の内部にもぐらせることになり、絵を画くしかなくなるとして、ゴッホの人生を辿っている。画業は27歳から37歳の間に過ぎない。

「微光のなかの宇宙」は須田国太郎の画業を紹介している。西洋の油絵ではなく、水蒸気を含んだ日本的な色で描くと評している。作者は西洋の模倣を批判しているから、須田国太郎の画業を評価している。なお須田国太郎は学者で、背広もきちんときた老紳士である。京都の長浜縮緬の問屋の家に生まれ、少年時代に謡曲もならう。三高でドイツ語を学び、京大では哲学科を選ぶ。美術学校に学ばず、大学時代に関西美術院でデッサンを習う。大学院で絵画の理論と技巧を研究。スペインのプラド美術館でバロック絵画を学ぶ。京大文学部講師でギリシャ彫塑史概説を講義していた。

「八木一夫雑感」は陶芸家で司馬遼太郎の5歳上の八木を書く。美術記者時代に知り合う。彼の作陶は思想と感情をかたまりにして空間にぶら下げたようなもので、陶芸の「用」を外しているし、茶の美学などにも逆らっていると評している。だから売れずに貧乏する。父も陶芸家で窯は五条坂にあった。

「三岸節子の芸術」では愛知県尾西市の地主の家に生まれ、女子美に入り、三岸好太郎と結婚する三岸節子のことを記す。公太郎との結婚生活は9年間ほどで、彼は31歳で夭折する。その後、彼女は昭和29年の49歳の時に渡欧する。日本の水蒸気の多い気候に対して欧州の乾いた色彩の鮮やかな気候を体験する。

「出離といえるような」は『街道をゆく』で一緒に旅をして挿絵を描いた須田剋太のことである。武蔵の吹上で教育者の息子として生まれ、芸大を4度落ちる。浦和で下宿し、絵ばかり書く生活を送る。ただ官展に入選していた。妙義山で山籠もりをし、40を越えていた昭和19年に京都、大和に行く。絵画では通算3度、官展の特選にはいる。奈良では東大寺の上司海雲と親しくなり、新薬師寺の一角に住む。結婚して西宮に住む。抽象画の長谷川三郎に出会い抽象画を志向する。道元の思想を体現するようになる。『街道をゆく』の挿絵をお願いしたのは橋本関雪の息子の橋本申一が推薦した為とのこと。この時64歳だが、司馬遼太郎は書生のようだとの印象を持つ。

(全集ではなく文庫本を紹介)

「上方武士道」 司馬遼太郎 著

これも司馬遼太郎全集の第1巻に収録されているものだ。昔、読んでいるはずなのに、まったく記憶がない小説であった。再読して理由がわかった。要は司馬遼太郎作品の中で最も出来のよくない作品だからだ。

主人公は京都の公家の出身で、剣術がやたらに強い。そして大坂の薬問屋の養子になるのだが、ある門跡から江戸行きの隠密行動を頼まれる。密命を帯びて江戸に下る道中が荒唐無稽の時代小説になるわけだ。
公家の行動を監視する京都所司代の命で阻止しようとする甲賀者との争いということだ。その首領が例によって魅力的な女忍者。その道中に、弥次喜多道中的に百済ノ門兵衛という大坂の侍と伊賀の忍者の青不動という人物を配して、主人公を助ける。
百済ノ門兵衛は主人公を薬問屋に斡旋することで儲けた男で、剣も強いが商売にも長けている人物である。青不動も忍術に優れた男という設定である。

前半部分は忍者を主人公にした『梟の城』と同じように、甲賀の忍者と伊賀の忍者(主人公はこちら側)の争いで、少しは緊迫するが、後半は章ごとに脈絡の無い色々な女性を登場させて艶のある場面を作り、読者に迎合する。また大立ち回りを入れてサービス精神が溢れるが、筋はどでもよくなる小説である。週刊誌の連載だったようで、筆が荒れてしまっている。

「超写実絵画の襲来」 於Bunkamuraザ・ミュージアム

コロナウィルス騒動で、多くの美術館が閉館中だが、ここは開館している。昨日の午後出向くが、入場者は少ない。帰りに東急百貨店の1階を通ったが、客はほとんどいない。

今回の展示は、千葉市にあるホキ美術館の所蔵品から選んでの展示である。いずれの作品も真に迫るほどのリアリティを持つ絵画である。「真を描く」ことは写真が出来る前の絵画の究極の目的の一つであり、我々が絵を学ぶ時に、対象物をできるだけ忠実に、丁寧に写そうとするわけだから、人間の本能の一つかも知れない。その「お絵かき」の極地に達した人の作品で、日本の現代作家の作品である。
写実だから、構図などは別にしても、色と形は誰が画いても同じかと思うが、各作家ごとに個性が出ているから芸術である。

五味文彦は対象物の質感(羽や毛はそれぞれの触感がわかるように、ガラスなどは無機質の冷たさなど)の表現にも魅了され、拘っているような作品だ。
展覧会全体のポスターにも使われている生島浩の「5:55」という作品が印象に残る。フェルメールのような構図で若い女性を描いたものだが、6時までにモデルをやめて帰らねばならないという焦りの雰囲気が確かに出ている。
大畑稔浩の「剣山風景-キレンゲショウマ」は、剣山中に群生しているキレンゲショウマが黄色い花をつけているところを描いたものだが、この植物が花を咲かせて、生き残っている場所と、そこで生き残っている植物の可憐さ、逞しさが表現されていると思う。
渡抜亮の「二つの動作」は女性半身像なのだが、気になるところのある絵である。

一流の画家であれば、誰でも真を写すように画けるだろうが、それを更に徹底して素材や筆までも工夫して追求していくところに感じるものはあった。