「放水路落日-長谷川利行晩年-」矢野文夫 著

画家:長谷川利行の晩年を小説仕立てで書いた小説である。二科会で樗牛賞を受けて天才画家と言われたが、二科会の中でも長谷川を支持する人は少なく、絵も売れずに困窮する。もっとも絵が売れないのは、当時でも、また現在でも多くの絵描きに当てはまることだが、実家からの援助も無く、加えて少し金ができると呑んでしまったり、周りの人も一緒に飲み食いをしてしまう生活態度である。晩年は金が無く、服装は汚く、金を得る為に絵を押し売りのようにして売っていた画家の姿が描かれている。

この小説では長谷川利行は本名で登場する。主人公は図案デザイナーの五味昌助。実在する人かはわからないが、著者の矢野文夫(長谷川と親交があった)の体験を五味に仮託して小説仕立てにしているような気もする。
五味も無頼で、酒が好きで飲んだくれて女と同棲するような男だが、長谷川の才能は買っている。お互いに金が出来ては、その日の内に呑んでしまうような生活をしている。

なお、著者の矢野文夫は詩人で絵も書き、新聞記者にもなり、晩年は美術雑誌の編集も手がけている。小説の中の長谷川の人となりは、飲んだくれの中に純なところがあるように書いている。時に長谷川の実績を知っている医者などが登場し、絵を買うが、一度、買って貰うと押し売りのように出向いて、絵を買ってくれるまで黙って座っているような生活をする。

晩年は本人は胃潰瘍と思っていたようだが、胃ガンで衰弱して三河島の救世軍宿泊所から養育院の病院で亡くなる。この時に五味が見舞いに行った時の描写も長谷川の無念さが伝わってくる凄まじいものである。なお、病院の規則で身よりのない病人が亡くなると、所持品も燃やされることになっていて、長谷川が大事にしていた作品やスケッチブックがはいった行李も燃やされてしまう。

晩年には高崎という男が画商天城として登場する。長谷川の才能は買っているのだが、軟禁状態で絵を画かせて、展覧会をして儲けるような人物である。長谷川の絵の価格を上げるという情熱も持っており、本当の悪人ではないように描写されている。

この小説の中の長谷川利行の人物像が、小説とは言え、事実であると認識されて、美術の評伝などに引用されているようだ。

なお表題の「放水路落日」の意味は読了してもわからない。本文の中に放水路が出ていたのかもしれないが、まったく印象に残っていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント