東京ディズニーランド

娘と孫2人のお供で我々夫婦2人が昨日、ディズニーランドに出向く。風も無く、快晴でいい天気であった。我々も子どもを連れて何度も来ているが、昔と違っている感じもした。
現在も、シンデレラ城は改修工事中で、他に工事中の箇所もいくつかあった。目立たないようにしているが。また園の近接する外部では新たな工事もしており、まだまだ進化していくのだろう。

上の孫は3歳10ヶ月の男の子で、途中、ベビーカーに乗ったり、おんぶをせがんだりするが、よく歩く。途中でトイレに行きたいと言った時に、広い園内のトイレの場所まで歩いて我慢できるかと思ったが、ちゃんと出向けて感心した。
電車が好きだから、行く時に武蔵野線に乗れ、中でウエスタンリバー鉄道に乗り、帰りにディズニーランド一周のモノレールに乗って、そのおもちゃのプラレールを買ってもらって満足である。

娘がスマホでファストパスなどを上手に取って、あまり並ばずに観ることができたが、こういう機器をうまく活用できないと、難しい世の中になってきた。

施設で改めて印象に残ったのは音楽の使い方である。外では何も聞こえないが、中に入ると、場所ごとに大きな音で流れる。次の場所では、その場面にあった音楽や音声だけが聞こえる。観客は次から次へと流れていくのだから、うまく計算されて設計されているのだろう。
パレードでも、自分達の前に来ると、大きく聞こえると感じるのは、パレードに使う車に隠されたスピーカーがうまく機能しているからなのであろうか。そのような音楽はあちらこちらで流れていると思うのだが、余計な音、騒音として聞こえないのは大したものである。

映像も上手に活用している。ホーンテッドマンションでは、ダイニングの上にお化けのようなのが漂っているのなど、うまく出来ている。

色の組合わせも神経を使っていて、イッツ・ア・スモールワールドは美しいというか可愛らしい。

園内の人にモノを尋ねると、どの人も丁寧に教えてくれて感じが良い。こういうことが本当に大事なモテナシの心なのだろう。

食事は注文すると流れるように提供されるが、電子レンジで簡単にできるものを、見た目を良く提供している。これも工夫の一つだろう。いい値段を取っており、儲かるものだろう。

孫の為にポップコーンが入った容器を買ったが2400円もして驚いた。

アジア系の外国人も多く、また平日だが、若い日本人の夫婦も多い。子ども連れも多く、各アトラクションの前にあるベビーカー置き場は物凄い数である。ベビーカーを間違ったり、紛失するトラブルは無いのであろうか。