朝倉彫塑館

本日は朝倉彫塑館に妻と出向く。日暮里駅近くの山手線内側の台地になっている方にある。帰りは、そこから谷中墓地に沿って南に歩き、途中に江戸期の浮世絵三美人の一人笠森おせんのいた稲荷を通り、上野公園に出る。

彫刻家朝倉文夫の邸宅を、このような記念館にして保存している。昭和10年に完成した家だそうだが、コンクリートの家と木造の家が不思議に一体となったような建物で、魅力的である。コンクリートの家はアトリエとして彫刻作品の大きなものを製作するために、電動昇降台を設置する為にコンクリート造りとしたようだ。
このアトリエ部分は2階まで吹き抜けにしていて、天井からの光も採り入れるように設計されている。次ぎの部屋は2階までの壁一面を書架にした書斎である。これら蔵書の中には朝倉の知人の芸大教授(西洋美術史)の蔵書を引き取ったものもある。
次の間が応接室である。そこから和風木造の家の方に庭を見ながら渡り廊下でつながっている。そして木造家屋側の玄関もあり、木造の和室(居間、寝室など)が列なり、池のある中庭を囲んで、またコンクリートの家に接続している。

コンクリート造りの方の3階部分に大きな客間があり、また朝倉の趣味であった東洋蘭の温室も兼ねた部屋がある。加えて屋上には屋上庭園まで設置されていてオリーブが大きく育っており、一部が家庭菜園にもなっていた。そして自作の彫刻作品が屋上に設置されている。昭和10年にこのような発想があったことに驚く。

ちなみに、この地区は戦火に遭わずに昔の建物が残ったわけだ。各部屋はコンクリートの方も木造の方も、壁材から天井材、床柱や障子の桟なども面白い木を用いたりして飽きない。よくこんな木を見つけて、ここに利用しているなと感心する。コンクリート造りの玄関の土間には栗の木の年輪を見せて、それをコンクリートに他の石と一緒に埋め込んだ三和土(たたき)もあり、また壁土に瑪瑙や貝を埋め込んでいるなど、相当にお金をかけた家である。当時から作品が海外にも売れて、大金持ちだったようだ。

庭園も面積は小さいながら巨石を配置して、池を造り、その水が流れるようにしていて、作者の意図が隅々まで通った良い庭である。井戸の水を利用しているようだ。これだけの巨石を使った庭は、そうはないと感じる。
紅葉、サルスベリの木なども植わっている。

朝倉文夫の彫刻作品は、コンクリ-ト造りのアトリエに「松井須磨子像」「井上勝像」「小村寿太郎像」、そして名作の「墓守」などがある。
ちなみに早稲田の大隈重信像も朝倉の作品であることを知る。
また猫が好きで、その猫の様々な姿態の彫刻も多く作っており、コンクリート造りの昔の東洋蘭の栽培室に、現在は猫の作品が陳列されている。

彫刻作品は写実的で、本当にアカデミズムという感じで立派である。こういう作品が基礎にあって日本の彫刻界が存在するのだという感じである。また、このような写実の作品があってこその抽象作品だとの思いも懐く。

趣味の東洋蘭では栽培方法の本も書いていたようだ。またアジアの銅器を集めたようで、コレクションの一環が、立派な陳列棚で飾られていた。