「冬の派閥」 城山三郎 著

幕末の尾張藩藩主徳川慶勝を主人公にした城山三郎の小説である。この人物は尾張藩支藩の高須藩から養子に入った人物である。異母兄弟になるが会津藩松平容保、桑名藩松平定敬がいて優秀な家系である。徳川慶喜は従兄弟にあたる。 慶勝も優れた人物だが、城山三郎は幕末の激動に翻弄された人物として描く。その幕末とは周知のごとく、日本中の各藩で、大別すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more