「冬の派閥」 城山三郎 著

幕末の尾張藩藩主徳川慶勝を主人公にした城山三郎の小説である。この人物は尾張藩支藩の高須藩から養子に入った人物である。異母兄弟になるが会津藩松平容保、桑名藩松平定敬がいて優秀な家系である。徳川慶喜は従兄弟にあたる。
慶勝も優れた人物だが、城山三郎は幕末の激動に翻弄された人物として描く。その幕末とは周知のごとく、日本中の各藩で、大別すると鎖国攘夷、開国して力を付けての攘夷と、幕府を立てて協力する佐幕、まずは天朝の御意志を大事にする勤皇という党派対立があった。
尾張藩も勤皇攘夷の金鉄組と佐幕のふいご組の対立があった。家老格の成瀬家は金鉄組に近く、同じく竹腰家はふいご組に近く、藩内は二分されていた。尾張藩は御三家であるが、昔から勤皇の意識が強かった。これは水戸藩と共通する。
慶勝も勤皇の志が厚く、鎖国攘夷であった。また藩主に擁立されるまでに藩内の対立があり、藩内の勤皇派の支持を受けていた。しかし慶勝は、過激な思想ではなく、「一和」の言葉で表されるような穏やかな政治的な態度である。
時代の動きは激しく、慶勝のそのような穏やかな態度が許されないような時代の波が襲う。
慶勝と親交のある水戸の徳川斉昭、越前の松平春嶽の人柄、考え方などもよく書けていると思う。

激動の時代の中、朝廷の命令として、佐幕のふいご組の主立った者が粛清される青松葉事件が起きる。青松葉とは槍の半蔵の子孫で佐幕ふいご組の渡辺新左衛門が自分の知行地からの年貢米が判別できるように青松葉を挿したからとも言われている。
この時の朝命は、どこから、どのような理由で出されたかも不明なままに粛清される。

この事件で粛清側に立った金鉄組の諸氏に、”たたり”と思えるような変死事件が続き、それが維新後の物語に絡んでいく。維新後の物語とは北海道の八雲に尾張藩士が移住して開拓していく話である。ここからは主人公が開拓に出向いた慶勝側近の医師に替わるような小説手法である。

慶勝の気持ちになりきって、従兄弟の徳川慶喜の人柄・変節していく態度を上手に描いている。歴史を読むよりに、この小説の方が当時の慶喜の行動を的確に描いていると感じる。

「大義」が先の戦争で持ち出されたように、「朝命」が戊辰戦争時には問答無用の基準になったわけで、そのようなもののいかがわしさ、それがはびこる時代の空気に城山三郎なりに問題提起している。やるせなくなるような小説である。
0

この記事へのコメント