「考える江戸の人々」柴田純 著

江戸時代における大名から庶民(書いたものが残っている庄屋クラスまで)までの生き方、考え方を説き明かした本である。 中世は神仏がこの世界を支配しており、人が英雄的行為をしても、それは人の功績ではなく神仏の加護と認識されていた。蒙古襲来でも神仏に祈るのが基本であった。 応仁の乱以降、社会が混乱。神仏の権威に懐疑心が生まれる。またヨーロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more