「メアリー・エインズワース浮世コレクション」展 於千葉市美術館

この展覧会は、明治の後期に来日したアメリカ人女性メアリー・エインズワース(1867~1950)が蒐集した浮世絵の展覧会である。彼女は日本で購入するだけでなく、アメリカのオークションでも買い集めていた。
現在、オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館に1500点が寄贈されている。今回里帰りははじめてとのことで200点が展観されている。

初期の浮世絵に珍しいものが多い。次の5つのパートに分けられて展示されている。「1.浮世絵の黎明 墨摺絵からの展開」、「2.色彩を求めて 紅摺絵から錦絵の時代へ」、「3.錦絵の興隆 黄金期の華 清長から歌麿へ」、「4. 風景画時代の到来 北斎と国芳」、「5.エインズワースの愛した広重」である。

延宝8年(1680)頃に、「浮世絵」という言葉が出現し、墨摺絵が作られる。そのうち色彩として、版画の上に1枚1枚筆で彩色したものが生まれる。このコレクションには、初期浮世絵の珍しいものが含まれている。作者としては菱川師宣、鳥居清倍、懐月度、奥村政信、石川豊信などである。

寛保・延享期(1741~48)になると、版による彩色が始まり、墨の輪郭線に、紅と緑の色が摺られるようになる。これを紅摺絵と呼ぶ。そして明和期(1764~72)には、狂歌などの趣味人たちの摺り物の制作から、多色摺の木版画=錦絵が生まれる。鈴木春信が代表である。春信らしくない浮世絵も展観されている。鳥文斎栄之の3枚続きのものなど良かった。

3章では錦絵が盛んになった天明期(1781~89)の鳥居清長(8等身の美人)、次いで喜多川歌麿の美人画、東洲斎写楽)の役者の大首絵の展示となる。写楽は「2代目小佐川常世の一平姉おさん」が展示されていた。雲母摺が少し剥げているがいいものだ。歌川豊国の三代目沢村宗十郎の作品も印象に残っている。また歌川国政の「岩井粂三郎の禿たより」もハッとする絵だ。

4章では北斎の富嶽三十六景の「凱風快晴」、「山下白雨」の名品が際立つが、「甲州三坂水面」も面白い絵と思った。また国芳の風景画も展示されていたが、面白い。私も買おうと思ったことがあったが、価格が高いので、これなら広重の方がいいと思った。

5章の広重がコレクションの約半数を占めるとのことだ。保永堂の東海道53次は摺りと保存の良いものが並んでいた。木曾街道69次の「洗馬」「宮ノ越」もいい絵である。
私の好きな名所江戸百景では「大はしあたけの夕立」の初摺りで舟が3艘つながれている絵も展示されていて勉強になる。それ以外に蔵屋敷の壁が白いことに気が付く。「両国花火」も摺りが違うもの2枚が展示されていた。

この展覧会に加えて「ピータードラッカーコレクション水墨画名品展」も行われていた。一度、同館で拝観したことがあるが、禅画(白隠、仙涯)はいいものだ。また曾我簫白の「雪景山水図」は奇矯なところがなく、いい絵と思う。私がこの中で感動したのは谷文晁の「月夜白梅図」である。
水墨画だけでなく尾形光琳の団扇絵や狩野探幽の「波に兎」のような彩色のものもある。

いつもながら千葉市美術館は水準が高いと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック