「古文書返却の旅」網野善彦 著

著者は網野史学と言われるような斬新な中世史観を提供した歴史学者だが、この本は著者の研究が数多くの古文書を読むことで生まれた背景をエッセイ風に書いている。
著者は戦後1949年に東京月島の東海区水産研究所の仕事に従事する。その仕事は漁業制度改革の資料とする名目で、全国各地の漁村の古文書を借用・寄贈で集めることである。
主唱者は宇野脩平氏でソ連のアルヒーフ(文書館)を目標としていた。しかし古文書の整理は膨大な作業で、その内に予算が切られ、品川区戸越の文部省史料館と同じ敷地に水産庁水産資料館が1955年に設立されるに至る。そこは保管庫に過ぎなかった。
そして、借用し放しの百万点の古文書は宇野氏の再就職先の東京女子大の倉庫にリンゴ箱に入れられたまま山積みされた。著者は高校教師となる。史料は、この後も変遷があって著者が勤務した神奈川大学に日本常民文化研究所に文書が保管されるようになるが、その間の整理・返還作業のことを述べている。

史料は著者名の借用書で借りたのもあり、その後、他の研究者から、問い合わせを受け、その都度、宇野氏の元で探したりしていた。
史料所蔵者から水産庁にも返却の催促が多く寄せられるようになり、1967年に借用文書返却予算が付いた為に、返却の為の整理をする。しかし宇野氏が逝去。それから、ここで述べたような文書返却作業の旅が続く。借用期限を過ぎており、地方の研究者からは非難され、著者は盗人よばわりされたこともあったようだ。

この本は、その過程での返却の物語を記している。文書整理方法の未熟から、表題が誤って記されていたり、その過程での古文書の修復の話とか、地方旧家や地区全体での保管状態などの逸話もあり、旅での印象、人情なども記されている。

そして、後の網野氏の研究につながること、例えば土地がないから水呑百姓のように思われていた家が、海の民として遠く蝦夷や四国の方まで交易をしている商人だったことなどを発見したことを記している。
文書が漁業関係だったこともあり、海の民、海部=海夫の生態が書かれている。

旅では、開発によって無くなってしまった岸辺の風景に触れている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック