「後藤又兵衛 大坂の陣で散った戦国武将」 福田千鶴 著

新書とは言え、歴史書であり、小説的な面白さは無い。後藤又兵衛の戦場での働きなどが華々しく書かれているものでもない。史料を広くあたって実像を描き出そうとしている本である。

後藤又兵衛は黒田官兵尉に仕え、黒田長政の配下として一緒に戦うが、黒田家が近世大名家と確立されていく中で主君・長政と不和になり、退転し、後に大坂城からの要請によって大坂の陣で戦い、死去する。

又兵衛のこととは別に、大坂の陣を巡る徳川方と諸大名とのやりとりの経緯など、はじめて知ることもあり、興味深かった。

大坂の陣の前に江戸城の石垣普請があり、そこに多くの大名が動員されていた。その中で黒田長政、加藤嘉明、福島正則は秀忠への従軍は許されずに江戸に残される。この時は監視も厳しかった。

黒田長政は後藤又兵衛が大坂城に入ったことに神経をとがらせ、親族を調べ、幕府に報告している。そこに父は新右衛門で東播磨の別所氏の家来だったが、小寺氏に来て、死去。又兵衛はそこで黒田官兵衛が養育。成人後、伯父藤岡九兵衛が謀反し、召し放ちになる。その後、仙石秀久の元にいたが、長政が召し返し、栗山利安に預けて知行百石を与える。

その後、取り立てられて、豊前の小隈城の城主になる。この時に他家(特に長政と仲が悪い細川家)とか池田輝政と懇意であり、これを長政が咎めたことから、黒田家を退転したとされている。
なお細川家には又兵衛の子、又市が大変な美男子で、黒田長政が気に入り、猿楽の鼓役を命じたが、このような役は賤しき役目として、これを又市が拒み、父の又兵衛も激怒して退転したという史料もあるとのこと。なお細川忠興も又市を寵愛したようだ。

近世大名家が確立する過程で、乱世には同じような出身(国人領主)だが、あるいは共に戦場を駆けてきた仲間だが、身分格差が明確になっていく。また組織的な階層も明確になり、固定化されるる中で、重臣クラスが離反するのは黒田家に限らず多い。近世初頭の御家騒動は皆、そういう動きである。

播磨後藤氏関係の史料や、各藩に後藤又兵衛の子孫と称する一族もあり、そこに伝わる史料などを幅広くあたっているが、後藤家の出身地や門地などに決め手はないようだ。

黒田家を出てから大坂の陣までの間も詳しいことはわからないが池田輝政が匿っていた可能性を指摘している。大坂の陣において大坂方に牢人が多く集まった背景に、各大名がいざという時の為に牢人に捨て扶持を与えていた可能性も指摘している。こういう史料は徳川の世においては抹殺されているが、なるほどと思う。

秀頼が大柄でしっかりしていたと史料から書いている。家康は事前に戦いの準備を進め、各大名に対して謀反しないように根回しをしていたことがわかる。またイギリスからの砲や弾の調達準備もしていた。

大坂城には多数の間者(徳川だけでなく、各大名独自でも)が送り込まれていたことがわかる。大坂の陣のことも詳しいが、又兵衛は活躍したことは間違いがないが、その奮戦ぶりはよくわからない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック