「鏨の華」展 於根津美術館

明日からはじまる展覧会だが、知人から特別内覧会の招待状を譲っていただき、刀剣の畏友H氏をお誘いして出向く。明治時代における刀装具の大コレクターで、それらを『鏨廼花』として当時にしては最先端の写真技術で出版した光村利藻氏のコレクションが陳列されている。

刀装具は小さいもので、美術館などでのガラス越しの展示が難しいが、斜めにした台の上での展示などで工夫してある。ただし拡大鏡が付いている展示品は少なく、もう少し配慮してほしかった。

後藤一乗の一派や大月光興一派などが多く、後藤物や江戸金工の作品は少ない。また同時代の明治金工の作品も目に付く。これらは光村氏がパトロンとして作らせたものが多く、各金工が精魂込めて製作した力作ばかりだ。だから刀装具というよりは、彫金作品のようなものになっているのもある。普段は見かけることが少ない大坂金工の作品も多い。その作風は当時の京都金工と同様である。

後藤物が少ないのは、当時、後藤の名品などは、まだ大名家や江戸時代以来の富家に収蔵されていた為であろうか。

展示されているものは保存状態の良いものである。時代の若いものが多く、一度も使用されたことの無いものなのだろう。ただし信家の鐔2枚は別だが。

鉄元堂尚茂の作品では素材が鉄ではなく、赤銅魚子地に高彫りした縁頭が2点展示されていたが、緻密な彫りで常に観る鉄地の作品よりも一格上がるような作品で、驚いた。夏雄旧蔵という浜野政随の片切り彫の竹に虎図という横谷風の作品も印象に残る。手に取って拝見したいものだ。

大月光興も赤銅魚子地で格調の高い人物を彫った縁頭は、大月風ではなく後藤風でしっかりと彫ってある。肉合彫りの小柄もあれば、大月光興らしい雪持ち芦図鐔もある。これは真鍮地がきれいであった。大月光弘の作品、篠山篤興の作品もしゃれていて魅力的である。松尾月山の日月図目貫も立派なものだ。

有名な作品で諸書に掲載されているものも多い。一乗の聖衆来迎図大小揃金具は凄いものだ。刀装具ではない感じだ。粟穂の東明の大小揃い金具は立派なもので、特に金無垢の目貫が凄い。安親では鉄地の鯉が波間を泳いでいる鐔は、波のうねりがうまいと思う。真鍮地で円窓に張果老がいる鐔は名作だ。乗意の肉合彫りの獅子の子落とし図小柄、利寿の月に雁図縁頭などは本で拝見する作品の現物が展示されている。

宗珉の睡り布袋の二所。目貫はルーペで拡大されて展示されていたが、いい御顔だ。夏雄の牡丹蝶の鐔、夏雄の内片切りの竹の小柄、竹の鐔も、さすがに夏雄という作品で頭が下がる。海野勝珉の筍図目貫もある。

信廬の秋草が駕籠に這入って真ん中に据えた木瓜形の鐔も印象に残る。水戸の弘寿のフグなどの魚尽くしの縁頭も手に取って詳しく見てみたい。水戸の萩谷勝平の作品が2点ほど出品されていたが上手い人である。招福狸目貫は薮常代の作品だが、楽しく、また上手で欲しい目貫である。清寿らしい鉄地に分服茶釜を陰透かしした鐔も保存がいい。

刀装具の総合芸術である刀装も趣味の良いもの、豪華なものが健全に展示されていた。鞘の塗りもすばらしいものだ。

帰りにいただいた図録には、展示されていないものもあったから、期間中に入れ替えをするのだろうか。

コレクターの光村利藻は膨大な財産をこれらに費やした人物だが、陶磁器の安宅コレクションもそうだが、こういう美術品を買い集める浪費をした方が、会社を残すことよりも、私には価値があると思うが、少数意見だろうか。

なお、特別内覧会であり、刀剣・刀装具関係の人が多いかと思ったが、私やH氏の知り合いなどで刀屋さんも含めて合計7人程度であった。根津美術館関係の方が多いのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック