「日本刀の総合美」 飯山嘉昌 著

著者の飯山氏とは、刀剣柴田の故青山氏などと一緒に遊んだ仲である。今回、飯山氏が長年、各種雑誌に寄稿してきた論文を整理されて標記の著書を出版された。

著書は、日本刀にかかわる職人仕事として刀匠、研師の仕事(これらは工程中心)、次いで刀装具の縁頭、目貫、柄(柄巻きと鮫皮)、鐔、ハバキ、笄、小柄、鞘、下緒の種類や、見所、留意点などをまとめている。まさに本のタイトルの「日本刀の総合美」を紹介しようとして書いたものだとわかる。

それから、それら仕事の総合したものとしての刀装(拵)について、天正拵、肥後拵、尾張・柳生拵、庄内拵、薩摩拵について、そのポイントを、それら拵を作るというような視点も入れて解説している。
次ぎに視点を変えて、拵を身に付けた江戸時代の武士の服装とその時に使用する刀装のことを、武士の位階別に、また式制別に丁寧に解説している。
袴の紐の結び方などに言及している。
あとは「刀にまつわる話」として、いくつかの視点から述べられている。ここでは鉄鐔の手入れ方法や、拵の保存の方法、刀掛けへの刀の掛け方なども解説している。
最後に坂入眞之氏が幕末に生きた柄巻師のことを小説にした一編を掲載している。

日本刀全体を網羅的に知るという意味で初心の人に良いかとも考えたのだが、たとえば鞘の鮫の種類などが多く出てくるなど、刀剣趣味を長く続けてきた私なども、「ここまでは知らなかった」と思う項も多い。だから、刀の愛好家にとっても、はじめて知る内容もあるということだ。

昨今の出版事情を考えると、カラー頁を豊富にして本の単価が上がるのは厳しいので、扉の写真を除いて、白黒写真、図版なのはやむを得ないのだが、やはり刀装はカラーで解説して欲しいと思う。また各拵の説明に使った写真は、柄から鞘の先までの拵全体の写真であり、どうしても拵の各部分は小さくなってわかりにくいのが残念である。
ただ飯山氏はプロのアニメーターが本職であり、挿絵的に画かれた解説の絵はわかりやすい。

本の内容に関しては、金山鐔に言及している箇所や、天正拵は取り上げても、桃山拵に対して「いくら豪華でも平服用の刀装」と冷淡なのは納得がいかないところがある。見解の相違で、異論があるのは良いのだが、桃山拵については著者が推奨している細川三斎の肥後拵の本歌も桃山拵の一つであるし、へしきり長谷部を入れている黒田家の金の霰鮫青漆拵など大名家に初代の拵として現存して美術的価値が高いのは桃山拵である。

刀剣愛好家が気にも留めていなかった鞘や、ハバキなどのことを知るのは良い本であるし、有名な頼朝肖像画(今は異論が出ている神護寺の肖像画)などに対して、身に付けている刀装から論を展開しているのも興味深い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック