「朝の霧」 山本一力 著

山本一力の時代小説で、土佐の戦国時代に長宗我部元親に嫉まれて滅んだという設定の波川玄蕃一族の物語である。波川玄蕃という人物が実在したのかもわからないが、英雄長宗我部元親が、自分の妹を嫁がせた優れた武将である。
長宗我部元親が、この人物の能力に嫉妬していく経緯も唐突であり、良い小説ではないと思う。玄蕃の妻=元親の妹も大変に好ましい人物に描かれているのだが、血の通わない記述である。同様に主人公の波川玄蕃も優れた武将としているのだが、あまり具体的には書かれておらず、今一つ、訴えてくる物語はない。

またはじめに、波川玄蕃に使える優れた易占者と天候を観る観望者が脇役として登場して、面白そうなのだが、それも尻切れトンボになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック